FC2ブログ

ツキミソウ8月30日の花言葉★石垣島〜

今日の石垣島の天気 - 2018年8月30日 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

弱雨


弱雨


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2827273030322928
湿度(%)8888868480808284
降水量(mm/h)10000000
風向
風速(m/s)
南南東
6

6
南南東
5
南南東
5

5

5
南南東
4
南南東
4

熱中症指数は『厳重警戒』

ツキミソウ月見草の花言葉

夏の花(最盛期は7月)。花色は白、ピンク。

「無言の愛情」「移り気」




花名・花言葉の由来

花名の由来

夏の夕方に開花し翌朝にはしぼんでしまう月見草(ツキミソウ)。花名は、月が現れる時間帯に咲くことに由来するといわれます。
英語ではマツヨイグサ属のうち、ツキミソウやマツヨイグサなどの夜咲き種を「Evening primrose」、昼咲き種を「Sundrops」と呼んでいます。

花言葉の由来

花言葉の「無言の愛情」は、人目を避けるように夕方ひっそりと花をひらくことに由来するといわれます。
「移り気」の花言葉は、咲き始めの白い花が、翌朝のしぼむころには薄いピンク色に変化することにちなむといわれます。

ツキミソウの仲間

ツキミソウはマツヨイグサ属の植物です。同属種であるオオマツヨイグサ、マツヨイグサ、メマツヨイグサのことを月見草(ツキミソウ)と呼ぶこともあります。

月見草(ツキミソウ)

学名:Oenothera tetraptera
6月~9月の夕方から朝に白い花を咲かせます。翌朝のしぼむ頃には薄いピンク色になります。

待宵草(マツヨイグサ)


写真家 千田慎二さんのページから

学名:Oenothera stricta
5月~8月の夕方から朝に黄色い中型の花を咲かせます。花がしぼむと赤く変色します。

大待宵草(オオマツヨイグサ)

学名:Oenothera erythrosepala
6月~9月の夕方から朝に黄色い大きな花(6~8cm)を咲かせます。

雌待宵草(メマツヨイグサ)

学名:Oenothera biennis
6月~9月の夕方から朝に黄色い小さな花(2~4cm)を咲かせます。

昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)


『はるなつあきふゆ夕菅の庭』さんの画像

学名:Oenothera speciosa
5月~7月頃に白や薄いピンク色の花(4~5cm)を咲かせます。ツキミソウとは違い、昼間にも開花していることからこの名がつけられました。





いい一日を〜
スポンサーサイト



サルスベリ8月29日の花言葉★台風21号発生★石垣島〜

台風21号 2018年8月28日16時30分発表 



台風第21号は、28日15時現在、南鳥島近海にあって、北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。
この台風は、30日15時にはマリアナ諸島に達し、
1日15時には日本の南に達するでしょう。

石垣島の今日の天気 - 2018年8月29日 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

弱雨


弱雨


曇り


晴れ


弱雨


弱雨


弱雨


弱雨
気温(℃)2825272929292827
湿度(%)8484868482848486
降水量(mm/h)00001100
風向
風速(m/s)

6
南南西
6
南南西
6
南南東
6

6

6
南南西
4
南南東
5

雷・波浪注意報。
熱中症指数は『厳重警戒』

サルスベリ百日紅の花言葉

夏の花(最盛期は7~8月)。花色は赤、ピンク、白、紫など。

「雄弁」「愛嬌」「不用意」



花名・花言葉の由来

花名の由来

花名のサルスベリ(猿滑)は、樹皮がツルツルしていて、猿でも滑りそうなところに由来します。実際には滑ることなく、簡単に登ってしまいます。

また、百日紅(ヒャクジツコウ)とも呼ばれ、サルスベリが夏の盛りに長い間咲き続けることにちなみます。

花言葉の由来

花言葉の「雄弁」は、枝先に群がり咲くサルスベリの華やかな咲きっぷりに由来するといわれます。

また、枝をこすると葉や花が揺れ、盛んに話しているようにみえることから「雄弁」の花言葉がついたともいわれます。

サルスベリの言い伝え

ある王子が恋人に百日後の再会を約束して旅立ちました。しかし、王子が戻るとすでに恋人は亡くなっていました。
そして、恋人が埋葬された場所からサルスベリが生えたといいます。

これが百日紅(ヒャクジツコウ)の名前の由来であるともいわれます。
 
「百日紅」伝説

昔々、中国の漁村に、海難事故を防ぐため若い娘を竜神に捧げる風習が有りました。 
その年は村一番の美しい娘が選ばれ、娘と家族は嘆き悲しんでいました。
そこにこの国の王子が船で通りかかり、事情を訊いた王子は娘を不憫に思い、竜神を退治し討ち果たしました。 
娘は王子に恋心を抱きましたが、王子は 「王の使命を果たし100日後に戻って来る」と言い残し旅立ちました。 
娘は王子に恋焦がれ、王子が戻って来るのを待ちきれず亡くなってしまいます。
100日後、戻って来た王子の涙が娘の墓地に落ちた時、そこから出た芽が成長し、この木になったといいます。 
娘が王子を待つ100日間の長きに渡り、咲き続けるのに因み、「百日紅(ヒャクジツコウ)」と名付けられたと云う事です。

サルスベリの主な種類

サルスベリ(猿滑)

中国南部原産。別名は百日紅(ヒャクジツコウ)。

バナバ



和名はオオバナサルスベリ(大花百日紅)。東南アジア原産で、サルスベリより大きな花がつきます。
古くからその葉を煮出し、健康茶(バナバ茶)として飲まれています。

シマサルスベリ(島百日紅)



沖縄、中国、台湾に自生。花期は6~8月ごろで白い花を咲かせます。

サルスベリの季節・開花時期

旬の季節: 夏
開花時期: 7月~10月
出回り時期: 6月~10月(最盛期は7~8月)
花持ち期間: 3~4日程度
開花期間: 3ヶ月程度


名称・原産地

科・属名: ミソハギ科サルスベリ属
学名: Lagerstroemia indica
和名: 猿滑 / 百日紅(サルスベリ)
別名: 百日紅(ヒャクジツコウ)、怕痒樹(ハクヨウジュ)

英名: Crape myrtle
原産地: 中国




いい一日を〜

キキョウ8月28日の花言葉★居待月★少し涼しい石垣島〜

石垣島の今日の天気 - 2018年8月28日 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

弱雨


弱雨


弱雨


弱雨


晴れ


晴れ


曇り


弱雨
気温(℃)2727262728292828
湿度(%)8890889088828484
降水量(mm/h)20000000
風向
風速(m/s)
南南東
7

6

6
南南西
7
南南西
7
南南西
6
南南西
6
南南西
7

雷・波浪注意報。
熱中症指数は『厳重警戒』

二十四節気・雑節等  [天地始めて寒し] 七十二候の一つ(41候)。

キキョウ桔梗の花言葉

夏~秋の花(最盛期は6~7月)。花色は紫、青、白、ピンク。

「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」




『Lensを通して』さんの画像

花名・花言葉の由来

花名の由来

キキョウは、漢名の桔梗の音読み「キチコウ」が後に「キキョウ」に変化したといわれます。古名では「朝顔」と呼ばれ、『万葉集』で秋の七草として詠われた「朝貌の花」もキキョウであると考えられています。

英語ではつぼみがふくらんだ風船のようなので「バルーン・フラワー(Balloon flower)」と呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「永遠の愛」や「誠実」は、キキョウが恋人のために一生涯、ただ待ち続けた若い娘であったという物語(Balloon flower was a young girl who spent her lifetime waiting for her lover and without any results.)に由来するともいわれています。


生薬

キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根)としても利用されます。去痰、鎮咳、鎮痛、鎮静、解熱作用があるとされます。主な産地は韓国、北朝鮮、中国です。
 

絶滅危惧種のキキョウ

古くから日本人にとってなじみ深いキキョウは、近年その個体数が減少し、環境省によって絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。

名称・原産地

科・属名: キキョウ科キキョウ属
学名: Platycodon grandiflorus
和名: 桔梗(キキョウ)
別名: 岡止々岐(オカトトキ)

英名: Balloon flower, Chinese bellflower
原産地: 日本、朝鮮半島、中国





いい一日を〜

ホウセンカ8月27日の花言葉★石垣島〜

昨日夕方、登野城公民館でのトゥズミに向かう
アンガマの行列
が賑やかに〜

餓鬼さん達もあの世に帰ったでしょうか???

今日も石垣島は

・・・気温は26から28℃予報。
雷・波浪注意報。


いい一日を〜

ホウセンカ鳳仙花の花言葉


夏の花(最盛期は7~8月)。花色は赤、ピンク、紫、白など。

「私に触れないで」「短気」





花名・花言葉の由来

花名の由来

和名の「鳳仙花(ホウセンカ)」は、中国名を音読みしたもので、花の形を中国神話の伝説の鳥「鳳凰(ほうおう)」が羽ばたく姿に見立ててつけられたといわれます。

別名の「爪紅(ツマクレナイ、ツマベニ)」は、かつてこの花の花汁で爪を赤く染めたことにちなみます。また、タネをかんでから飲み込むと、のどに刺さった魚の骨がとれるというので「骨抜(ホネヌキ)」の別名もあります。

属名の学名「Impatiens(インパチエンス)」は、ラテン語の「impatient(がまんできない、短期)」が語源となり、実が成熟するとちょっと触れただけでも破裂することにちなみます。

花言葉の由来

花言葉の「私に触れないで」「短気」は、成熟した実に触れただけで、はじけてタネをまき散らすことに由来します。
 

ホウセンカの季節・開花時期

旬の季節: 夏
開花時期: 6月~9月
出回り時期: 6月~9月(最盛期は7~8月)
花持ち期間: 3~4日程度

 

名称・原産地

科・属名: ツリフネソウ科ツリフネソウ属
学名: Impatiens balsamina
和名: 鳳仙花(ホウセンカ)
別名: 爪紅(ツマクレナイ、ツマベニ)、骨抜(ホネヌキ)

英名: Balsam, Rose balsam, Garden balsam, Touch‐me‐not
原産地: 東南アジア

ムクゲ8月26日(旧7月16日)の花言葉 ★満月★石垣島〜


今日も明日も

予報の石垣島〜

雷・波浪
注意報。


今夜はソーロン(旧盆)のトゥズミ・イタシキバラ

字登野城では獅子祭りも(午後8時からアラスクヤーで)




いい一日を〜


ムクゲ木槿の花言葉

夏~秋の花。花色は白、ピンク、赤、紫など。

「信念」「新しい美」



花名・花言葉の由来

花名の由来

花名のムクゲは、漢名「木槿」の音読みである「もくきん」が転訛したものといわれます。

花言葉の由来

ムクゲの古い学名は「Althaea frutex(低木のタチアオイ)」。タチアオイは12世紀ごろに十字軍によってシリアから運ばれてきたことから、花言葉の「信念」はこの十字軍にちなむといわれます。

「新しい美」の花言葉は、新たな花が次々と咲き続けることに由来するといわれます。

槿花(きんか)一朝の夢

ムクゲは早朝に花を開き、夕方にはしぼんでしまうことから、人の世の短い栄華(はかないこと)のたとえで「槿花(きんか)一朝の夢」と表現されます。

しかし、新たな花が次々と咲き続け、夏から秋にかけて長期間楽しむことができます。

名称・原産地

科・属名: アオイ科フヨウ属
学名: Hibiscus syriacus
和名: 木槿(ムクゲ)
別名: 波知須(ハチス)

英名: Rose of Sharon, Shrub althea
原産地: インド、中国



ワレモコウ8月25日の花言葉★旧盆(ソーロン)送り日★石垣島〜

朝から小雨の石垣島、気温28℃、最高気温は31℃予報。

波浪注意報。


熱中症指数は『厳重警戒』




旧盆(ソーロン)送り日



先祖があの世に戻るのを一族揃ってお送りする。

ご馳走を食べたり花火をしながら真夜中近くになるまで待って、ウチカビ(あの世のお金)を焼いて送る。

旧盆中、石垣島の四ヶ字などではアンガマ、白保では獅子舞が行われる。
 

・竹富島の旧盆(ショーロ)
送る日。サンミ餅(月桃の葉で包む)を供え、夜11時頃まで供養した後、霊を送る準備をする。種々の珍味のお初を取り、門前まで炬火をつけ、先祖の霊を送る。

お盆の間、夜は島の若い男女が三味線に合わせてニンブチャー(念仏歌)を謡い、各家を廻ってアンガマー踊りをして先祖の霊を慰める。
 

・小浜島の旧盆(ソーラ)
祖先の霊を迎えて丁重に供養する。

南北各村ではニンブチャーといい、笛・太鼓・三線・鉦鼓の楽器を揃えてそれぞれの家庭を訪れ、念仏経文で供養する。
 

・波照間島の旧盆(ソーリン)
3日目、夜中に各供物から初を取り、門の西側に置き、線香を焚き祖先の霊を送る。






























ワレモコウ(吾亦紅/吾木香)の花言葉

夏~秋の花(最盛期は9月)。花色は暗紅色、赤、ピンク。

「変化」「もの思い」「愛慕」



花名の由来

花名「ワレモコウ」の由来には諸説あります。

この花の色を議論しているときに、花自身が「我もまた紅なり」といったので「吾亦紅(ワレモコウ)」と名づけられたという説、

茎や葉に香りがあることから「吾木香(ワレモコウ)」になったという説などがあります。

花言葉の由来

花言葉の「変化」は、ワレモコウの花が上から下に向かって順に咲いていくことにちなむといわれます。「もの思い」の花言葉は、秋の野に細長い茎を風に揺らす姿からつけられたともいわれます。

ワレモコウの花



暗紅色の花びらに見える部分は萼(がく)が発達したもので、
本物の花びらは退化しています。

ワレモコウと薬

ワレモコウは薬効のある植物としても知られています。

根は地楡(ちゆ)という生薬でタンニンやサポニンを多く含み、乾燥させたものは止血などの効果があるといわれます。

名称・原産地

科・属名: バラ科ワレモコウ属
学名: Sanguisorba officinalis
和名: 吾亦紅(ワレモコウ)、吾木香(ワレモコウ)
別名: 地楡(チユ)

英名: Great Burnet
原産地: 日本、朝鮮半島、中国、シベリア


いい一日を〜



2018年旧盆(ソーロン)アンガマ&エイサー日程/いしゃなぎら青年会のアンガマ★石垣島〜

旧盆(ソーロン)アンガマ&エイサー日程

八重山毎日新聞から





2018年(平成30年)8月23日(旧暦:7月13日)
いしゃなぎら青年会のアンガマが石垣保育園を訪問した。

園児たちは見慣れないアンガマに興味津々の様子だった。
観客とウシュマイ&ンミーの珍問答も行なわれ、保護者や先生の笑いを誘った。


ケイトウ8月24日の花言葉★旧盆(ナカヌヒー)の石垣島〜


沖縄のお盆、ナカビ(ナカヌヒー)の行事

沖縄の仏壇















・ナカビとは沖縄のお盆の真ん中の日
・お中元を持って親族の家を回る
・ナカビの昼食は冷やしそうめんを供える
・準備するお中元は千円以上で大丈夫
・お仏壇のない家がお仏壇のある家を回る
・お仏壇のある家は食事やお菓子でもてなす
・お仏壇に線香をあげて、お中元を供える


ケイトウ鶏頭の花言葉

夏~秋の花。花色は赤、ピンク、オレンジ、黄、白など。

「おしゃれ」「気取り」「風変わり」



花名の由来

和名の鶏頭(ケイトウ)は、雄鶏の赤いトサカのような花の形に由来します。英語でも同様に「Cockscomb(雄鶏のとさか)」と呼ばれています。

属名の学名「Celosia(セロシア)」は、ギリシア語の「keleos(燃えた)」が語源となり、この花の仲間に燃えるような色をしたものがあることにちなみます。

ケイトウの季節・開花時期

旬の季節: 夏~
開花時期: 8月~10月
出回り時期: 5月~11月
花持ち期間: 5~7日程度

 

名称・原産地

科・属名: ヒユ科ケイトウ属
学名: Celosia cristata
和名: 鶏頭(ケイトウ)
別名: 鶏冠花(ケイカンカ)、韓藍(カラアイ)、セロシア
英名: Cockscomb, Plumed cockscomb
原産地: アジア、アフリカの熱帯地方



いい一日を〜

ゲッカビジン8月23日の花言葉★台風19・20号★旧盆の石垣島〜

石垣島は雨&曇り。

雷・波浪注意報。
沖縄・石垣島の旧盆行事「アンガマ」

ゲッカビジン月下美人の花言葉

夏~秋の花。花色は白

「はかない美」「はかない恋」「あでやかな美人」



夜に開花する理由

ゲッカビジンは、夕方に芳香を漂わせ、夜の8時ごろから咲き始め、午前3~4時ごろ、夜明けを待たずにしぼんでしまいます。

夜に開花する理由は、原産地メキシコ熱帯雨林地帯において、花蜜食・花粉食の小型コウモリを媒介として受粉できるように適応したと考えられています。

ゲッカビジンと俗説

一夜かぎりの花を咲かすなど、神秘的なイメージのあるゲッカビジンには、言い伝えや俗説も多くあります。

同じ日に咲く

古くから日本で普及していた株は、原産地から導入された一つ株から挿し木や株分けで増やされた同一クローンでした(現在は複数のクローンが国内流通しています)。

そのため、すべての花が同じ日に咲くという説もありますが、同じクローン株であっても体内時計による長期同調性はなく、あくまでもその株の置かれた環境によってつぼみを形成し、開花します。

年に一度しか咲かない

成長期に花を咲かせるだけの栄養素の蓄積や体力回復のゆとりが十分にあれば、年間二回以上咲きます。

新月の夜にしか咲かない

ゲッカビジンの受粉を行なうコウモリは、月齢に合わせて花粉や蜜を食べに来ることはなく、月齢に合わせた開花サイクルもありません。
 

香水

濃厚な甘い芳香を放つゲッカビジンは、香水の原料として南フランスで栽培されています。
 

食用

ゲッカビジンは、開花中の花や開花後のしぼんだ花を食すことができます。

酢の物や天ぷら、台湾ではスープの具材として用いられます。
 

多肉植物

ゲッカビジンは、多肉植物(たにくしょくぶつ)です。
多肉植物とは、葉、茎または根の内部に水を貯蔵し、乾燥に耐える植物の総称です。

サボテン科に多い植物ですが、一般にサボテンは別格に扱い、園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」に分けて呼んでいます。

ゲッカビジンの季節・開花時期

旬の季節: 夏~
開花時期: 6月~11月
出回り時期: 4月~9月
花持ち期間: 一晩

 

名称・原産地

科・属名: サボテン科クジャクサボテン属
学名: Epiphyllum oxypetalum
和名: 月下美人(ゲッカビジン)
英名: Dutchman’s pipe cactus
原産地: メキシコ熱帯雨林地帯





台風19号[SOULIK(ソーリック)
2018年8月23日7時30分発表

強い台風第19号は、23日6時には五島市の西約280kmにあって、北北西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。
(最大瞬間風速 50m/s)

この台風は、23日18時には黄海に達し、24日6時には朝鮮半島に達するでしょう。

25日3時には日本海に達する見込みです。

その後、温帯低気圧に変わり、26日3時には北海道の西に達するでしょう。

台風20号[CIMARON(シマロン)
2018年8月23日7時30分発表

 非常に強い台風第20号は、23日6時には日本の南にあって、北西へ毎時35kmで進んでいます。中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。
(最大瞬間風速 60m/s)

この台風は、23日18時には室戸岬の南南西約70kmに達し、24日6時には輪島市の西北西約230kmに達するでしょう。

その後、温帯低気圧に変わり、25日03時には北海道の西に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は猛烈なしけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。


被害が出ませんように

いい一日を〜

クルクマ8月22日の誕生花★台風19・20号★石垣島〜


クルクマの花言葉

夏の花。花色はピンク、白、黄、赤、紫など。

「あなたの姿に酔いしれる」



クルクマの本当の花

クルクマの花びらにみえるピンクや白い部分は花を守る苞(ほう)(つぼみを包んでいた葉)です。本当の花は苞の中にひっそりと隠れるように咲きます。

クルクマの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 8月~9月

 

名称・原産地

科・属名: ショウガ科ウコン属
学名: Curcuma alismatifolia
和名: クルクマ・アリスマティフォリア
別名: クルクマ・シャローム、鬱金(ウコン)
英名: Siam tulip
原産地: 東南アジア


石垣島の今日の天気 - 2018年8月22日(水) 6時00分

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

弱雨


晴れ


弱雨


弱雨


弱雨


弱雨


晴れ


晴れ
気温(℃)2828272930302929
湿度(%)8888888684848686
降水量(mm/h)00010000
風向
風速(m/s)
南南西
3
南西
3
南西
3
南南西
4
南西
4
南南西
4
南南西
4
南西
4

石垣市に雷・波浪注意報
熱中症情報は『厳重警戒』

台風19・20号日本付近の進路予想(2018年8月22日6時00分)



台風19号
名称 SOULIK(ソーリック)
大きさ ---
強さ 非常に強い
存在地域 奄美大島の北西約220km
中心位置 北緯30度00分
東経128度05分
進行方向 北西
速さ 20km/h
中心気圧 950hPa
最大風速 中心付近で45m/s
最大瞬間風速 60m/s
暴風域
(25m/s以上)
中心から150km
強風域
(15m/s以上)
東側410km
西側300km

台風20号
名称 CIMARON(シマロン)
大きさ ---
強さ 強い
存在地域 父島の南南西約430km
中心位置 北緯23度30分
東経140度40分
進行方向 北西
速さ 30km/h
中心気圧 965hPa
最大風速 中心付近で40m/s
最大瞬間風速 55m/s
暴風域
(25m/s以上)
東側170km
西側110km
強風域
(15m/s以上)
東側560km
西側280km

台風周辺海域および進路にあたる海域は猛烈なしけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。


十二分にご注意ください。



いい一日を〜

プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR