FC2ブログ

ルドベキア7月31日の花言葉★熱中症『危険』石垣島〜

石垣島の今日の天気 - 7月31日(火)

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2929293132323130
湿度(%)8486848482808080
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)
西北西
2
北西
3
西北西
2
北西
3
西北西
5
北西
4
北西
4
西北西
3

高温多湿。
熱中症危険。

台風12号[JONGDARI(ジョンダリ)]の進路予想2018年7月31日 6時00分




台風12号は、31日(火)はやや発達しながら種子島・屋久島地方を反時計回りに進み、その後は東シナ海を西に進む見込みです。

九州・四国では大雨の影響が長引く恐れがあり、土砂災害に警戒が必要です。31日(火)は全国的に晴れるところが多いものの、東・西日本は日中は天気の急な変化に注意してください。関東は厳しい暑さが続き、北陸は猛暑、北日本は真夏日となりそうです。熱中症への警戒が必要です。(気象予報士・崎濱綾子)

ルドベキアの花言葉

夏の花。花色は黄、オレンジなど。

「正義」「公平」「あなたを見つめる」



ルドベキアの種類

現在流通しているものの多くはヒルタ種(Rudbeckia hirta)です。この種はアメリカでブラックアイドスーザン(Black-eyed Susan / 黒い目をしたスーザン)の呼称で親しまれています。

園芸品種では鉢植えとして人気の高い「ローランドミックス」や
トリロバ種(Rudbeckia triloba / Brown-eyed Susan / 茶色の目をしたスーザン)で小輪のかわいい花をつける「タカオ」がよく栽培されています。



「チェリーブランディー」
濃赤色の花が目立つ品種。多年草。小輪で小~中型種



ルドベキアの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 7月~9月

 

名称・原産地

科・属名: キク科オオハンゴンソウ属(別名はルドベキア属)
学名: Rudbeckia spp.
和名: ルドベキア
別名: コーンフラワー、松笠菊(マツカサギク)

英名: Rudbeckia, Coneflower, Black-eyed Susan(ヒルタ種), Brown-eyed Susan(トリロバ種)
原産地: 北アメリカ



いい一日を〜

スポンサーサイト



ニチニチソウ7月30日の花言葉★四ヶ字の豊年祭(オンプール)

最高気温は33℃予報の石垣島。

四ヶ字の豊年祭。

2018年7月30日(オンプール)
     7月31日(ムラプール)



詳しくは[八重山の豊年祭スケジュール2018]
https://yaimatime.com/special/hounensai2018/



いい一日を〜

台風12号(JONGDARI(ジョンダリ))2018年7月30日6時発表 



台風第12号は、30日6時には枕崎市の西約60kmにあって、南南西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。この台風は、30日18時には屋久島の南西約70kmに達する見込みです。31日6時には屋久島の南東約70km、1日3時には屋久島の西北西約170kmに進むでしょう。2日3時には東シナ海に達する見込みです。台風の進路にあたる地域は、強風や大雨に注意が必要です。

ニチニチソウ日々草の花言葉

初夏~秋の花。花色は白、ピンク、赤、紫、青など。

「楽しい思い出」









花名・花言葉の由来

花名の由来

和名の「日々草(ニチニチソウ)」は、初夏から秋まで次々に新しい花を咲かせ、日々花が絶えないことに由来します。

花言葉の由来

花言葉の「楽しい思い出」は、鮮やかな色の花をたくさん咲かせる姿がとても楽しげで、夏を満喫した子どものころを連想させることに由来するといわれます。

ニチニチソウの季節・開花時期

旬の季節: 初夏~秋
開花時期: 6月~10月
出回り時期: 5月~10月
花持ち期間: 3~5日程度

 

名称・原産地

科・属名: キョウチクトウ科ニチニチソウ属
学名: Catharanthus roseus
和名: 日々草(ニチニチソウ)
別名: 日々花(ニチニチカ)

英名: Madagascar periwinkle, Rosy periwinkle
原産地: マダガスカル

サボテン7月29日の花言葉★石垣島〜★台風12号ご注意を〜

石垣島は気温28〜33℃予報。
晴れ〜晴れ〜晴〜が続きます。

石垣島は、
夜も気温が下がらないようです。
熱中症に注意して、体調管理を十分に。

いい一日を〜

台風12号[JONGDARI(ジョンダリ)]2018年7月29日6時

台風12号は明石市付近を西に移動中



台風第12号は、29日6時には明石市付近にあって、西へ毎時35kmで進んでいます。
中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

この台風は、29日18時には北九州市付近に達し、
30日6時には五島市の東北東約40kmに達するでしょう。
31日3時には五島市の西南西約70kmに達する見込みです。

その後、熱帯低気圧に変わり、1日3時には東シナ海に達するでしょう。

台風の進路にあたる地域は、暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

十分ご注意を!!!

サボテンの花言葉

「燃える心」「偉大」「暖かい心」「枯れない愛」






花名・花言葉の由来

花名の由来

16世紀後半にサボテンを持ち込んだ南蛮人(ポルトガル人・スペイン人)がウチワサボテンの樹液をシャボン(石けん)として利用していたため、「石鹸体(さぼんてい)」と呼ばれるようになったといわれます。

英名の「Cactus(カクタス)」は、ギリシア語でトゲのある植物を意味する「カクトス」に由来します。

花言葉の由来

花言葉の「燃える心」「偉大」は、サボテンが暑い土地で大きく成長し、多くの種が燃えるような色彩の花をつけることに由来します。

サボテンの原産地

サボテン類の原産地は、リプサリス属(Rhipsalis)の数種を除き、南北アメリカ大陸とその周辺の島(ガラパゴス諸島など)に限られます。乾燥地に多くの種が見られますが、熱帯の森林地帯や高山、北米の温帯、冷帯に育つ種もあります。

リプサリス属を除くサボテンがアフリカ大陸やユーラシア大陸にもたらされたのは15世紀末のアメリカ大陸発見以降になります。
 

サボテンと多肉植物

多肉植物(たにくしょくぶつ)とは、葉、茎または根の内部に水を貯蔵し、乾燥に耐える植物の総称です。サボテン科に多い植物ですが、一般にサボテンは別格に扱い、園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」に分けて呼んでいます。多肉植物には、ゲッカビジンやカランコエなどがあります。

食用

一部のサボテンの果実や茎節(葉の機能をもつ、平たく節で区切られた茎)は、フルーツや野菜として食されています。

ドラゴンフルーツ

アボカド程度の大きさで、ウロコ状の果皮をしたドラゴンフルーツ(ピタヤ)は、サンカクサボテンの果実です。
果肉は白や赤のゼリー状でゴマのような種子があり豊富な果汁を含みます。さっぱりとした甘味とほのかな酸味があり、キウイフルーツのような食感が特徴です。

野菜と薬

ウチワサボテンの若い茎節はメキシコ料理で野菜として食されています。
豊富なミネラル、繊維質、ビタミンを含み、古くから大切な栄養源になっています。

また、傷の手当、熱さましなどの治療や肥満、糖尿病、二日酔い、便秘、日焼けによるシミなどを予防する民間薬としても使われてきました。

名称・原産地

科・属名: サボテン科
学名: Cactaceae
和名: サボテン
別名: シャボテン、仙人掌(センニンショウ)、

    覇王樹(ハオウジュ)
英名: Cactus
原産地: 南北アメリカ大陸


ナデシコ7月28日(旧暦 6月16日)の花言葉★台風12号★石垣島〜

石垣島は晴れ〜
気温28〜31℃予報。

台風12号JONGDARI(ジョンダリ)の進路予想 2018年7月28日5時00分


 
強い台風第12号は、28日3時には八丈島の東南東約550kmにあって、北へ毎時40kmで進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。

この台風は、29日3時には奈良市付近に達するでしょう。
30日3時には対馬近海に達する見込みです。31日3時には東シナ海に達するでしょう。

台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

二十四節気・雑節等
満月
望。月と太陽の黄経差が180°となる日。天文学的満月。
旧暦の十五夜とは一致しないことが多い。

土潤って蒸し暑し
七十二候の一つ(35候)。

ナデシコ撫子の花言葉

色別の花言葉

ピンクのナデシコ

「純粋な愛」



赤いナデシコ

八重咲き「純粋で燃えるような愛」



白いナデシコ

「器用」「才能」



ナデシコと秋の七草

古くから日本人に愛されてきたナデシコ(瞿麦・撫子)は秋の七草の一つです。

秋の七草

・女郎花(オミナエシ)
・尾花(オバナ ※ススキ)
・桔梗(キキョウ)
・撫子(ナデシコ)
・藤袴(フジバカマ)
・葛(クズ)
・萩(ハギ)

秋の七草の由来

奈良時代の貴族・歌人の山上憶良(660~733)が『万葉集』に詠んだ以下の2首が秋の七草の由来とされます。

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花

「朝貌の花」は、朝顔、木槿、桔梗、昼顔など諸説ありますが、桔梗とする説が最も有力です。




いい一日を〜

ゼラニウム7月27日の花言葉★台風12号★石垣島〜


石垣島の今日の天気 - 2018年7月27日 4時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


晴れ


弱雨


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2928273032313029
湿度(%)8082797674747880
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)
北東
1
北北東
1
北北東
1
北東
2
北東
2
北東
3
北東
3
北東
2

台風12号の進路予想    2018年7月27日 3時00分現



台風12号[JONGDARI(ジョンダリ)]2018年7月27日4時30分発表 
強い台風第12号は、27日3時には硫黄島の南約100kmにあって、北東へ毎時2
0kmで進んでいます。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。

この台風は、27日15時には父島の東南東約160kmに進み、
28日3時には八丈島の南東約440kmに達するでしょう。
29日3時には近畿地方に進み、
30日3時には対馬近海に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

ゼラニウムの花言葉

周年出回る花(最盛期は5~9月)。
花色は赤、ピンク、白、黄、オレンジ、紫、複色など。

「尊敬」「信頼」「真の友情」





花名の由来

属名の学名「Pelargonium(ペラルゴニウム)」は、ギリシア語の「pelargo(コウノトリ)」が語源であり、花後の種子に突起があり、コウノトリのくちばしに似ていることに由来します。
和名「天竺葵(テンジクアオイ)」の天竺は「異国産の」という意味で、葵は葉が「アオイ」に似ていることにちなみます。


香り・効能

ゼラニウムは品種により葉に独特な香りがあり、一般的な園芸品種の多くは青臭いにおいを放ちます。

虫よけ

ヨーロッパでは、ゼラニウムのにおいを虫が嫌うので虫よけとして窓辺に置く花の定番になっています。また、魔よけや厄よけの効果もあるとされているそうです。

香料

ゼラニウムのなかで芳香を放つ品種をセンテッドゼラニウムといいます。


バラのような香りのするローズゼラニウムやレモンのようなすっきりとした香りがするレモンゼラニウムなどがあります。ジャムの香り付けや入浴剤、アロマテラピーのエッセンシャルオイルなどに利用されています。
 

ゼラニウムの言い伝え

ある日、イスラム教の預言者マホメット(570年頃~632年)が洗濯したシャツをアオイ科のマロウという植物にかけて干していました。ところがシャツが乾いた時、その植物は鮮やかな赤い花をつけるゼラニウムに変わっていました。

ゼラニウムは、イスラム教の開祖であるマホメットの徳を称えるために、アラーの神がこの世に創造した植物であるといわれています。

名称・原産地

科・属名: フウロソウ科テンジクアオイ属
学名: Pelargonium zonale
和名: 天竺葵(テンジクアオイ)
別名: ゼラニウム
英名: Geranium
原産地: 南アフリカ




いい一日を〜

ブーゲンビリア7月26日の花言葉★台風12号★石垣島〜


石垣島の今日の天気 - 2018年7月26日 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2928283132323129
湿度(%)8284848074747678
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)
南東
1

1
北東
1
北東
2
東北東
2
東北東
3
北東
3
北東
2

熱中症指数は『危険』


台風11・12号の日本広域の進路予想 2018年7月26日 6時00分現在



台風12号[JONGDARI(ジョンダリ)]2018年7月26日4時30分発表 
台風第12号は、26日3時には沖ノ鳥島近海にあって、ほとんど停滞しています。
中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

この台風は、このあと日本の南海上を北上し、
27日3時には父島の南南西約450kmに進み、
28日3時には八丈島の南東約500kmに達するでしょう。
29日3時には東日本付近に達する見込みです。



いい一日を〜

ブーゲンビリアの花言葉

夏の花。花色は赤、白、ピンク、紫、オレンジ、黄。

「情熱」「あなたは魅力に満ちている」「あなたしか見えない」





花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Bougainvillea(ブーゲンビリア)」は、1768年にブラジルでこの植物を発見したフランス人探検家ブーガンヴィル(1729~1811)の名前にちなみます。

花言葉の由来

花言葉の「情熱」は、赤みの強いピンクや鮮やかな紫といったブーゲンビリアの南国的な花姿に由来するといわれます。

ブーゲンビリアの本当の花



赤やピンクなどに色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)になります。

実際の花は中央にある白い部分です。

名称・原産地

科・属名: オシロイバナ科ブーゲンビリア属
学名: Bougainvillea spp.
和名: 筏葛(イカダカズラ)
別名: ブーゲンビリア、九重葛(ココノエカズラ)

英名: Bougainvillea
原産地: 中央アメリカや南アメリカの熱帯雨林

インパチェンス7月25日の花言葉台風11号・12号★石垣島〜

今日も明日も、晴予報の石垣島。
気温28〜31℃、湿度86〜78%予報。
高温多湿。




台風11号WUKONG(ウーコン) 2018年7月24日16時30分発表

台風第11号は、24日15時には南鳥島近海にあって、北へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は992hPa、中心付近の最大風速は23m/sです。

この台風は、25日03時には日本のはるか東に達し、北よりへ進んで、
26日15時には日本の東に達する見込みです。

その後、温帯低気圧に変わり、27日15時には千島近海に達するでしょう。

台風12号JONGDARI(ジョンダリ)2018年7月25日4時30分発表 

台風第12号が25日3時に発生しました。
台風第12号は、25日3時には日本の南にあって、北西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

この台風は引き続き日本の南海上を北上するでしょう。
26日からは発達しながら北上を続け、27日3時には小笠原近海、
28日3時には日本の東に達する見込みです。



昨日の夕方から、
四ヶ字の豊年祭(7月30日〜31日)の行列が町内を回り始めました。
我が家の前の道も通って行きました〜


いい一日を〜

インパチェンス(アフリカ鳳仙花)の花言葉

初夏~秋の花。花色は赤、ピンク、紫、白、オレンジなど。

「鮮やかな人」「強い個性」





花名の由来

属名の学名「Impatiens(インパチエンス)」は、ラテン語の「impatient(がまんできない、短期)」が語源となり、実が成熟するとちょっと触れただけでも破裂し、タネをまき散らすことにちなみます。

本来インパチエンス(Impatiens)はツリフネソウ属を意味しますが、日本で「インパチエンス(インパチェンス)」というと一般にツリフネソウ属の一種であるアフリカホウセンカを指します。

インパチェンスの季節・開花時期

旬の季節: 初夏~秋
開花時期: 6月~10月

 

名称・原産地

科・属名: ツリフネソウ科ツリフネソウ属
学名: Impatiens walleriana
和名: アフリカ鳳仙花(アフリカホウセンカ)
別名: インパチェンス、インパチエンス、紅吊舟(ベニツリフネ)

英名: Busy Lizzie, Impatiens
原産地: 東アフリカ


ニッコウキスゲ7月24日の花言葉★石垣島〜

石垣島は雨→晴、
気温は28〜31℃予報。

雷注意報。

いい一日を〜

ニッコウキスゲ日光黄菅(禅庭花)の花言葉

夏の花。花色は山吹色。

「日々あらたに」「心安らぐ人」




『自然の輝き』さんの画像(https://blogs.yahoo.co.jp/yay0727/53955215.html

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Hemerocallis(ヘメロカリス)」は、ギリシア語の「hemera(一日)」と「callos(美)」を語源とし、美しい花が一日でしぼむことに由来します。

正式な和名は禅庭花(ゼンテイカ)ですが、栃木県日光地方(戦場ヶ原や霧降高原)に多く自生していることから日光黄菅(ニッコウキスゲ)の別名が広く知られています。この花は日光地方の固有種ではなく、日本各地に分布し、尾瀬ヶ原や長野県霧ヶ峰の群落も有名です。

禅庭花(ゼンテイカ)の名前は、この花が自生する戦場ヶ原を中禅寺の庭に見立てたことにちなみます。

英語では「Broad dwarf day lily」とも呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「日々あらたに」は、ニッコウキスゲが朝方に開花し、夕方にはしぼんでしまう一日花であることにちなみます。

ニッコウキスゲの季節・開花時期

旬の季節: 夏
開花時期: 5月~8月


名称・原産地

科・属名: ススキノキ科ワスレグサ属
※旧分類ではユリ科に分類
学名: Hemerocallis esculenta
和名: 禅庭花(ゼンテイカ)
別名: 日光黄菅(ニッコウキスゲ)

英名: Broad dwarf day lily
原産地: 日本、中国、朝鮮半島、東シベリア



アリウム7月23日の花言葉★石垣島〜

石垣島の今日の天気 - 2018年7月23日(月) 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

弱雨


弱雨


弱雨


弱雨


強雨


弱雨


曇り


弱雨
気温(℃)2828283028282929
湿度(%)8690929090888888
降水量(mm/h)00206400
風向
風速(m/s)
東南東
8
南東
7
南南東
9
南南東
10

9
南西
5
南南東
3
南東
5
雷・強風・波浪注意報。




熱帯低気圧<23日06時の実況>
大きさ-
強さ-
熱帯低気圧
存在地域 石垣島の北北西約130km
中心位置 北緯 25度25分(25.4度)
      東経 123度30分(123.5度)
進行方向、速さ北 20km/h(12kt)
中心気圧 998hPa
中心付近の最大風速 15m/s(30kt)
最大瞬間風速    23m/s(45kt)


二十四節気・雑節等
大暑
二十四節気の一つ 旧暦六月中気

桐始めて花を結ぶ
七十二候の一つ(34候)。

アリウムの花言葉

初夏の花。花色は紫(アリウム・ギガンチウム)。

「深い悲しみ」「正しい主張」

アリウム・ギガンチウム



アリウム・ギガンチウムは切り花にもよく使われる代表的な種です。初夏に紫色の大きなボール状の花をつけます。

波と風 - 上々颱風Shang Shang Typhoon





いい一日を〜


ナデシコ7月22日の花言葉★石垣島&#12316;

台風、次々発生。
23日には石垣島にやって来るようです〜

22日の石垣島は雨&晴&曇。
雷・波浪注意報。




いい一日を〜


ナデシコの花言葉

夏の花(最盛期は6~7月)。花色はピンク、白、赤など。

「大胆」「純愛」「貞節」





花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Dianthus(ディアンサス)」は、ギリシア語で「Dios(ゼウス)」の「anthos(花)」という意味です。

和名の「撫子(ナデシコ)」は、その花姿が「撫でたくなるほどかわいらしい」ことに由来するといわれます。

花言葉の由来

細く糸状になったピンクの花びらが繊細な印象をあたえるナデシコの花。


「純愛」「貞節」といった女性的な花言葉もその花姿にちなむといわれます。
「大胆」の花言葉は、西洋のナデシコの赤い色からつけられたともいわれます。
 

ナデシコの種類

ナデシコはカワラナデシコの別名であり、またナデシコ属の植物の総称です。


ナデシコ属は北半球の温帯域を中心に約300種が知られ、日本ではカワラナデシコ、ハマナデシコ、ヒメハマナデシコ、シナノナデシコなどが分布しています。

ナデシコの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 6月~9月
出回り時期: 6月~9月(最盛期は6~7月)
花持ち期間: 5~7日程度

 

名称・原産地

科・属名: ナデシコ科ナデシコ属
学名: Dianthus superbus var.longicalycinus
和名: 河原撫子(カワラナデシコ)
別名: 大和撫子(ヤマトナデシコ)

英名: Pink, Dianthus
原産地: 東アジア

プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR