FC2ブログ

ルピナスの花言葉★世界禁煙デー★石垣島〜

わぁ〜晴れだ!!!石垣島。。。

いい一日を〜

今日の天気 - 2018年5月31日(木) 4時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2929293033313029
湿度(%)8081827874767880
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)

4

4

4

4
南南西
4

5
南南西
4
南西
3

世界禁煙デー
世界保健機関(WHO)が1989(平成元)年に制定。国際デーの一つ。

1995年の段階で世界の喫煙者は10億1000万人で約5人に1人の割合となっている。
毎年世界で300万人が喫煙が原因とみられるがんや心臓病で亡くなっており、このままでは2030年代初頭には喫煙による死亡者が年間1000万人に達するとWHOは警告している。(World No-Tabacco Day)

ルピナスの花言葉

春~初夏の花(最盛期は5月)。花色は青、紫、赤、ピンク、白、黄、オレンジなど。

「想像力」「いつも幸せ」「貪欲」「あなたは私の安らぎ」



花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Lupinus(ルピナス)」は、ラテン語でオオカミを意味する「lupus(ループス)」を語源とし、オオカミのように荒れ地でも生育する吸肥力の強さをあらわしています。

別名の「昇り藤(ノボリフジ)」「立ち藤(タチフジ)」は、フジを逆さにしたようなその花姿に由来します。また、「葉団扇豆(ハウチワマメ)」は、掌状に裂けた葉の姿がウチワに似ていることから名づけられました。



花言葉の由来

古代ヨーロッパでは、ルピナスを食べると心が明るくなったり、想像力が高まるといった俗信があり、薬草やビールのつまみなどにされたといわれ、花言葉の「想像力」「いつも幸せ」「あなたは私の安らぎ」もこれにちなみます。

「貪欲」の花言葉は、ルピナスの吸肥力の強さにちなむといわれます。

スポンサーサイト



WEB平成30年現代俳画展★美智子の作品★No.89〜No.90

WEB平成30年現代俳画展(2018年)

★美智子の作品★No.89〜No.90



No.89
画題『桜道
画賛『入学式新任教師も新入生』





No.90
画題『夕日
画賛『秋夕日家路に急ぐ我も又』

ペラルゴニウム5月30日の花言葉 ★石垣島は晴れ〜

今日も明日も、晴れ・晴れ・晴れ〜


いい一日を〜

今日の天気 - 2018年5月30日 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2929293032323029
湿度(%)7879807674747680
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)
南東
3

5

3

4

4

5

4

4

ペラルゴニウム夏咲天竺葵の花言葉

春~初夏の花。花色は赤、ピンク、白、オレンジ、紫、複色など。

「あでやかな装い」「篤い信仰」



花名・花言葉の由来

花名の由来

属名(テンジクアオイ属)の学名「Pelargonium(ペラルゴニウム)」は、ギリシア語の「pelargo(コウノトリ)」が語源であり、花後の種子に突起があり、コウノトリのくちばしに似ていることに由来します。

和名の「夏咲き天竺葵(ナツザキテンジクアオイ)」の天竺は「異国産の」という意味で、葵は葉が「アオイ」に似ていることにちなみます。

同属で四季咲きのゼラニウムは「天竺葵」と呼ばれ、春から初夏にかけて開花するペラルゴニウムは「夏咲き天竺葵」と呼ばれています。

英語では「Fancy geranium(装飾的なゼラニウム)」と呼ばれます。

花言葉の由来



花色も多彩で明るい花を咲かせるペラルゴニウム。

花言葉の「あでやかな装い」もその華やかな花姿に由来するといわれます。

ゼラニウムとペラルゴニウム

一般にゼラニウムと呼ばれるものは、かつてはフウロソウ属(学名:Geranium ゼラニウム)に分類されていましたが、のちにテンジクアオイ属(学名:Pelargonium ペラルゴニウム)に分離された植物です。しかし、園芸名としては現在でも古い学名のゼラニウムの名で呼ばれています。


通常、園芸店などでゼラニウムと呼んでいるのは四季咲きのもので、
一季咲きのものをペラルゴニウムとしています。

ゼラニウムの葉は縁がなめらかですが、ペラルゴニウムの葉は縁が鋸歯状で葉全体が波うっているものもあります

ペラルゴニウムの季節・開花時期

旬の季節: 春~
開花時期: 4月~7月

 

名称・原産地

科・属名: フウロソウ科テンジクアオイ属
学名: Pelargonium grandiflorum hybrids
和名: 夏咲き天竺葵(ナツザキテンジクアオイ)
別名: ペラルゴニウム、ペラルゴニューム

英名: Fancy geranium, Show geranium
原産地: 南アフリカ

WEB平成30年現代俳画展★小空の作品★No.84〜No.88

WEB平成30年現代俳画展(2018年)

★小空の作品★No.84〜No.88



No.84
画題『2018年戊犬
画賛『あらたまの海は広いな大きいな』





No.85
画題『月下美人
画賛『さやさやと一日の果て髪洗ふ』





No.86
画題『すずめ
画賛『天心の月ほっこりと浮かびをり』





No.87
画題『夏座敷
画賛『ヤールー(守宮)の飾りも踊る夏座敷』





No.88
画題『島の暮らし
画賛『梅雨晴間たまごサンドとレモネード』



オダマキ5月29日の花言葉★満月★石垣島〜

今日も明日も石垣島は


晴れ


〜日照り梅雨〜



いい一日を〜





夜中の2時ごろ、西よりの空にデッカイ満月。。。


オダマキの花言葉

晩春~初夏の花。花色は紫、赤、白、ピンク、黄、青など。

「愚か」


色別の花言葉

紫のオダマキ

「勝利への決意」



赤いオダマキ

「心配して震えている」



白いオダマキ

「あの方が気がかり」



花名・花言葉の由来

花名の由来

花名のオダマキは、花の形が麻糸を巻くために使った苧環(オダマキ)に似ていることに由来します。同様に糸巻きに似ているということから糸繰草(イトクリソウ)の別名もあります。

英名のコランバイン(Columbine)は「鳩のような」という意味で、つぼみの形にちなみます。

花言葉の由来

英名のコランバインは、ヨーロッパの道化芝居に登場する娘の名でもあり、その娘が持つ杯に花姿が似ていることにちなみます。「愚か」の花言葉は道化役に由来します。

かつてヨーロッパでこの植物がライオンソウと呼ばれていました。ライオンがこの葉を食べるので非常な力があるといわれ、人間が両手に葉をこすりつけるだけで勇気がでると信じられていました。紫のオダマキの花言葉「勝利への決意」はこの話にちなみます。

赤いオダマキの花言葉「心配して震えている」は、この花がヨーロッパで「捨てられた恋人」のシンボルになっていることに由来するといわれます。
 

オダマキの種類

世界に約70種が知られるオダマキ属。日本にはヤマオダマキ(紫褐色)、ミヤマオダマキ(青紫色)の2種が山地から高山にかけて分布します。一般に出回っているのはセイヨウオダマキの改良品種で、多彩な色や花姿を誇ります。

オダマキの花

紫や赤などの花びらに見えるのは萼(がく)で、本当の花は内側の白い部分です。

名称・原産地

科・属名: キンポウゲ科オダマキ属
学名: Aquilegia spp.
和名: 苧環(オダマキ)
別名: 糸繰草(イトクリソウ)、アキレギア

英名: Columbine
原産地: 日本、アジア、ヨーロッパ



WEB平成30年現代俳画展★雪葉の作品★No.83


WEB平成30年現代俳画展(2018年)

★雪葉の作品★No.83



No.83
画題『春嵐
画賛『春嵐花の装い妬みけり』

アマリリス5月28日の花言葉★我が家は超熱帯夜?★石垣島〜

昨夜(2018年5月27日)は9時を過ぎても気温31℃。
頭もクラクラ〜
我慢していたクーラーを入れました。
(30℃設定で・・・)

今日も石垣島は最高気温33℃予報。


いい一日を〜


アマリリスの花言葉

初夏の花(最盛期は6月)。花色は赤、白、ピンク、紫、黄、緑など。

「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」



花名・花言葉の由来

花名の由来

花名のアマリリスは、古代ローマの詩人ウェルギリウス(紀元前70~前19)の『牧歌』に登場する美しい女羊飼いアマリリスの名前にちなみます。
属名の学名「Hippeastrum(ヒッペアストルム)」には「馬のように大きくて、星のような花」という意味があります。

花言葉の由来

花言葉の「おしゃべり」は、アマリリスの花が横向きにつき、となりの花とおしゃべりをしているように見えることに由来します。

アマリリスの種類

一般にアマリリスと呼ばれるのは中南米原産の園芸品種(ヒッペアストルム属)を指しています。本来のアマリリスというべきものは、南アフリカ原産の品種(アマリリス属)で、ホンアマリリスやベラドンナリリーと呼ばれています。

アマリリス(ヒッペアストルム属)



初夏にユリに似た大きな花を横向きに2~4輪咲かせます。
常緑で茎はストローのように空洞です。

ホンアマリリス(アマリリス属)



初秋にユリに似た大きな花を10輪ほど咲かせます。
開花時に葉はなく、茎も空洞ではありません。


WEB平成30年現代俳画展★恵美子の作品★No.81〜No.82

WEB平成30年現代俳画展(2018年)

★恵美子の作品★No.81〜No.82



No.81
画題『四万十川
画賛『舟頭の唄に聞き入り春うらゝ』





No.82
画題『夏の夜
画賛『今もなほ仲よき姉妹ゆかた帯』

マトリカリア夏白菊5月27日の花言葉★熱中症指数は『危険』★石垣島〜

石垣島は34℃予報。
熱中症指数は『危険』
今日は涼しい室内で〜




いい一日を〜


石垣島の今日の天気 - 2018年5月27日 6時00分発表

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ
気温(℃)2928283032323129
湿度(%)8283847872727482
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)

2

3
南南西
1

2

3
南南東
3
南東
2
東南東
3

マトリカリア夏白菊Feverfewの花言葉

初夏~夏の花。花色は白、黄。

「鎮静」「集う喜び」







花名・花言葉の由来

花名の由来

一般に「マトリカリア」はヨモギギク属(Tanacetum)の夏白菊(ナツシロギク)を指します。かつてナツシロギクがカモミールなどと同じシカギク属(Matricaria / 別名:マトリカリア属)に分類されていたため、現在も園芸上は「マトリカリア」と呼ばれています。

英語では「Feverfew(フィーバーフュー)」と呼ばれます。これはラテン語で解熱剤を意味する「febrifugia」を語源とし、ナツシロギクが薬草として解熱剤、頭痛、関節炎などの薬として用いられてきたことに由来するといわれます。

花言葉の由来

花言葉の「鎮静」は、この植物が薬草として用いられてきたことにちなむといわれます。
 

WEB平成30年現代俳画展★春汀の作品★No.78〜No.80

WEB平成30年現代俳画展(2018年)

★春汀の作品★No.78〜No.80



No.78
画題『和服
画賛『初蝶や絹身に添いて茶会へと』





No.79
画題『風景
画賛『樒(しきみ)買う墓見ゆ父母の声がする』





No.80
画題『梅の花
画賛『君ありて色音ゆかしき香る梅』



プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR