FC2ブログ

ミスミソウ2月28日の花言葉★石垣島〜

気温21→26℃、曇&雨。
南風〜明日は北風〜

南の暴風戸がカタコト鳴っている〜〜〜

朝7時やっと夜明け前、
しかし近所の家の明かりはついていない。
寝坊の石垣島?




いい一日を〜



ミスミソウ三角草の花言葉

早春の花。花色は青、紫、赤、ピンク、白など。

自信」「はにかみ屋」





和名の「三角草(ミスミソウ)」は、三角形の葉にちなみます。また、早春に雪を割るようにして花を咲かせることから「雪割草(ユキワリソウ)」の別名もあります。

ミスミソウの季節・開花時期

旬の季節: 早春
開花時期: 2月~5月

 

名称・原産地

科・属名: キンポウゲ科ミスミソウ属※
※イチリンソウ属(Anemone hepatica)に分類されることもあります。
学名: Hepatica nobilis
和名: 三角草(ミスミソウ)
別名: 雪割草(ユキワリソウ)、洲浜草(スハマソウ)
英名: Hepatica, Liverwort, Liverleaf

原産地: 北半球の温帯


スポンサーサイト



オーニソガラム2月27日の花言葉★石垣島〜

今日の石垣島は
晴&曇

気温19℃→21℃。

いい一日を〜

オーニソガラムの花言葉

春~初夏の花。花色は白、黄、オレンジなど。

「純粋」「才能」







花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Ornithogalum(オーニソガラム)」は、ギリシア語の「Ornithos(鳥)」と「gala(乳)」を語源とし、花の姿が鳥に似て、子房が乳首のように飛び出していることに由来するといわれます。

英語では「Star of Bethlehem(ベツレヘムの星)」と呼ばれます。ベツレヘムの星は、キリストの誕生を知らせ、ベツレヘムへ導いた、キリスト教徒にとって宗教的な星です。

花言葉の由来

花言葉の「純粋」は、オーニソガラムの清楚でけがれのない花姿にちなむともいわれます。茎の長い種はウェディングブーケにも用いられます。

名称・原産地

科・属名: キジカクシ科オーニソガラム属
学名: Ornithogalum spp.
和名: オーニソガラム
別名: 大甘菜(オオアマナ)

英名: Star of Bethlehem
原産地: ヨーロッパ、西アジア、南アフリカ


スノードロップ2月26日誕生花★忍耐力★石垣島〜

気温19→21℃、曇りのち晴れの石垣島〜
波浪注意報。
忍耐力、

心の平安


いい一日を〜




2.26事件の日
1936(昭和11)年、2.26事件が発生しました。 陸軍の皇道派の青年将校が、対立していた統制派の打倒と国家改造を目指し、約1500名の部隊を率いて首相官邸等を襲撃しました。内大臣・大蔵大臣等が殺害され、永田町一帯が占拠されました。 当初、陸軍の首脳部は青年将校たちの行動を容認する態度をとっていましたが、海軍が鎮圧を要求し、天皇も同様の立場をとったので、29日に鎮圧を開始しました。飛行機から「下士官兵ニ告グ」のビラを撒いて帰順を勧め、「今からでも決して遅くはないから、直ちに抵抗をやめて軍旗の下に復帰する様にせよ」との投降を呼びかけるラジオ放送を行いました。形勢が不利になったと判断した将校たちは兵を原隊に帰し、2名が自決、残りの者が自首して、その日のうちに鎮定されました。
咸臨丸の日
1860年、幕府が派遣した使節団が、咸臨丸による太平洋横断航海を終えてサンフランシスコに到着した日。咸臨丸出港の碑が1960年(昭和35年)に日米修好100年を記念して建立されている。
脱出の日
1815年のこの日、エルバ島に流刑されていたナポレオンが脱出し、パリに向かった。

スノードロップ誕生花 (1月1日、1月7日、1月16日、2月2日、2月26日)

「希望」「慰め」

石垣島では見たことがないスノードロップ(≧≦)

画像は↓さんから



whikipediaの画像

春を告げる花

冬の終わりから春先(2月~3月ごろ)にかけて花を咲かせるスノードロップは、春を告げる花として知られます。

日射しに春のきざしを感じるころ、ひとつの茎にひとつずつ、釣鐘形の白い花をうつむくように下向きに咲かせます。

夜になるとその花を閉じ、日中に吸収したあたたかい空気を溜め込みます。

画像は↓さんから



スノードロップの季節・開花時期

旬の季節: 早春
開花時期: 2月~3月
出回り時期: 2月~3月(最盛期は2~3月)
花持ち期間: 5日程度

 

名称・原産地

科・属名: ヒガンバナ科ガランサス属
学名: Galanthus nivalis
和名: 待雪草(マツユキソウ)
別名: スノードロップ、ガランサス

英名: Snowdrop
原産地: ヨーロッパ


間違われやすい「スノードロップ」と「スノーフレーク」の違いとは?↓ 

2018年2月25日★石垣島で映画『北の桜守』の上映会

最高気温24℃、
南風〜北風〜曇&雨。

石垣島では映画が大画面で観られることは滅多にないので、
石垣市民会館に出かけました。



女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作で、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。

吉永と堺雅人が親子役で共演し、「おくりびと」の名匠・滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を担当した舞台パートを交えながら描いた。

1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつは、ソ連軍の侵攻によって土地を追われてしまう。夫が出征し、息子を連れて北海道の網走にたどり着いた彼女は、過酷な環境や貧しさと戦いながら息子を必死に育て上げる。

71年、てつの息子・修二郎はビジネスで成功を収め、15年ぶりに網走を訪れる。たったひとりで夫を待ち続け、慎ましい生活を送っていた年老いた母の姿を見た修二郎は、母を引き取り札幌で一緒に暮らすことを決めるが……。

キャスト

ツルニチニチソウ2月24日の花言葉★石垣島〜

石垣島の気温は19℃〜25℃、曇。
東よりの風〜


いい一日を〜



ツルニチニチソウ蔓日々草の花言葉

春~初夏の花。花色は紫、白、青。

「楽しき思い出」「幼なじみ」




花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Vinca(ビンカ)」は、ラテン語の「vincire(結ぶ、巻き付く)」を語源とし、つる性で茎がやわらかく曲がりやすいことにちなむといわれます。
和名の「蔓日々草(ツルニチニチソウ)」は、つる性で毎日新しい花を咲かせることに由来するともいわれます。
英語では「Greater periwinkle」「Large periwinkle」「Bigleaf periwinkle」などと呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「楽しき思い出」は、哲学者ジャン=ジャック・ルソー(1712~1778)の自伝的作品『告白』にて、かつて恋したヴァランス夫人が「ツルニチニチソウがまだ咲いているわ」といった花をルソーが偶然に見つけて、楽しかった恋の日々を思い出したという話にちなむともいわれます。

ツルニチニチソウの言い伝え

古くからヨーロッパでは、ツルニチニチソウが常緑で冬も枯れないことから不死の力や魔力を持っているとされ、ツルニチニチソウを身につけると悪いものを寄せつけず、幸福と繁栄をもたらしてくれるという言い伝えがあるそうです。

ツルニチニチソウ属の種類



ツルニチニチソ属の植物ではツルニチニチソウ(学名:Vinca major)とヒメツルニチニチソウ(学名:Vinca minor)がよく知られています。



ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)↑はツルニチニチソウに比べて葉や花が小さいことが特徴です。

ツルニチニチソウは暑さにはより強く、ヒメツルニチニチソウは寒さにはより強いといわれています

名称・原産地

科・属名: キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属
学名: Vinca major
和名: 蔓日々草(ツルニチニチソウ)
別名: 蔓桔梗(ツルギキョウ)、ビンカ

英名: Greater periwinkle, Large periwinkle, Bigleaf periwinkle
原産地: ヨーロッパの地中海沿岸

ポピー2月23日の花言葉★石垣島〜

気温17℃〜21℃の石垣島〜
曇、波浪注意報。

ポピーの花言葉

春の花。花色は赤、白、黄、ピンク、オレンジなど。

「いたわり」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」



赤いポピー

「慰め」「感謝」




白いポピー

「眠り」「忘却」




ポピーの種類

ケシ属は60種以上が知られ、アヘンを採取するケシや園芸用のヒナゲシ、オニゲシ、アイスランドポピーなどが本属に含まれます。

ヒナゲシ



ヨーロッパ原産。花が小さくヒナゲシ(雛芥子)と呼ばれています。
別名は、グビジンソウ(虞美人草)、シャーレイポピー。フランスでは「コクリコ(小さいオンドリの意味)」と呼ばれ、オンドリのトサカのように紅いことが語源になります。

漢名の虞美人草は、楚の武将・項羽(前232~前202)の愛人虞美人が、項羽が漢の劉邦(前202~前195)の大軍に包囲され死の戦いに出陣したとき、そのあとを追って自害したといわれ、彼女の墓からこの花が咲いたという伝説にちなみます。

アイスランドポピー



シベリアから極東原産。1759年に北極探検隊に加わっていた植物学者によってシベリアで発見された品種で和名はシベリアヒナゲシ。英名ではアイスランドポピー(Iceland poppy)ですが、”Iceland” は発見されたシベリアの気候にちなみ、アイスランド共和国とは無関係です。

ポピーの名で出回るの品種のほとんどがこのアイスランドポピーです。

オニゲシ(オリエンタル・ポピーOriental poppy)



西アジア原産。「鬼」が悪いイメージを与えるため、英名のオリエンタル・ポピー(Oriental poppy)が使われることが多い。花の中心部に大きな黒の斑点のあるものが一般化しています。
 

名称・原産地

科・属名: ケシ科ケシ属
学名: Papaver rhoeas
和名: 雛芥子(ヒナゲシ)
別名: 虞美人草(グビジンソウ)、ポピー、コクリコ、

    シャーレイポピー
英名: Corn poppy, Corn rose, Field poppy
原産地: ヨーロッパ




いい一日を〜


ムクゲ2月22日の花言葉★猫の日★石垣島〜

今日の石垣島は気温19→21℃、雨&曇。
北風〜
波浪注意報。

猫の日
2月22日を猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」ともじって決められた日で、猫の日制定委員会が1987年(昭和62年)に制定した。

ムクゲ木槿の花言葉

夏~秋の花。花色は白、ピンク、赤、紫など。

「信念」「新しい美」







青いムクゲ(ブルーサテン)『ミントのみんさんの画像』

花名の由来

花名のムクゲは、漢名「木槿」の音読みである「もくきん」が転訛したものといわれます。

花言葉の由来

ムクゲの古い学名は「Althaea frutex(低木のタチアオイ)」。タチアオイは12世紀ごろに十字軍によってシリアから運ばれてきたことから、花言葉の「信念」はこの十字軍にちなむといわれます。「新しい美」の花言葉は、新たな花が次々と咲き続けることに由来するといわれます。

槿花一朝の夢

ムクゲは早朝に花を開き、夕方にはしぼんでしまうことから、人の世の短い栄華(はかないこと)のたとえで「槿花(きんか)一朝の夢」と表現されます。しかし、新たな花が次々と咲き続け、夏から秋にかけて長期間楽しむことができます。

ムクゲの種類

シロバナムクゲ



白い一重咲きの花をつけます。

ヤエムクゲ



紅紫色の八重咲きの花をつけます。

ヒノマルムクゲ



白花底紅で日の丸の旗のような花をつけます。

名称・原産地

科・属名: アオイ科フヨウ属
学名: Hibiscus syriacus
和名: 木槿(ムクゲ)
別名: 波知須(ハチス)

英名: Rose of Sharon, Shrub althea
原産地: インド、中国


昨日は私の大好きな俳人の金子兜太さんが亡くなりました。
今日は、大杉漣さん・・・




元気を出して。・゚゚・(>O<)・゚゚・。〜

いい一日を〜

スミレ2月21日の誕生花★石垣島〜

石垣島は雨&曇、雷・波浪注意報。

気温は21℃→19℃。
北よりの風〜明日明後日(15℃予報)と寒くなります。

漱石の日
1911(明治44)年、文部省が作家・夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は「自分には肩書きは必要ない」としてこれを辞退した。

スミレ菫の花言葉

「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」


紫のスミレ

「貞節」「愛」



白いスミレ

「あどけない恋」「無邪気な恋」「純潔」



黄色いスミレ

「田園の幸福」「つつましい喜び」



スミレとは

スミレの仲間は温帯を中心に世界中に広く分布しており、約400種が知られています。一般にパンジーやビオラなどの園芸品種を除いたスミレ科スミレ属の花を総称してスミレと呼んでいます。

狭義でスミレという場合には、日本全土に分布するビオラ・マンジュリカ(Viola mandshurica)を指します。

理想の女性とは

西洋では、バラ、ユリ、スミレはトリオで、バラは「美(beauty)」を、ユリは「威厳(majesty)」を、スミレは「謙虚(modesty)」と「誠実(faithfulness)」をあらわすといわれ、この3つを兼ね備えたひとが理想の女性といわれます。

また、これらの花はいずれも聖母に捧げられ、多くの花々のなかで特別に扱われています。

名称・原産地

科・属名: スミレ科スミレ属
学名: Viola mandshurica
和名: 菫(スミレ)
別名: 相撲取草(スモウトリクサ)

英名: Violet
原産地: 全世界の温帯



イシガキスミレhttp://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_4151.htm
いしがきすみれ(石垣菫) スミレ科  学名:Viola tashiroi var. tairae

 ヤエヤマスミレ  の変種で名前が示すように石垣島の固有種。
島の中の1河川の限られた場所に生育が確認されているだけで、「近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に指定されている



花の写真館さんの画像




いい一日を〜


オウバイ2月20日の花言葉★石垣島〜

石垣島は最高気温24℃、
曇〜夜には雨。

このところ歯のトラブルが頻発、今日も歯医者通い。。。


いい一日を〜

オウバイ黄梅の花言葉

冬~早春の花。花色は黄。

「控えめな美」「期待」「恩恵」




花名の由来

和名の「黄梅(オウバイ)」は、黄色い花が同じ時期に咲くウメに似ていることに由来します。
オウバイはジャスミン(モクセイ科ソケイ属)の仲間で、属名の学名「Jasmine(ジャスミン)」は、ペルシャ語の「Yasmin(ヤースミーン)」を語源とし、「神からの贈り物」という意味があるともいわれます。

中国では旧正月(2月)の頃に咲き出すことから「迎春花(ゲイシュンカ)」と呼ばれます。

英語では「Winter jasmine(冬のジャスミン)」と呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「控えめな美」は、素朴な味わいのある枝ぶりやおもむきのある花姿に由来するといわれます。
「期待」の花言葉は、まだ寒さが厳しい早春に黄色い花を咲かせ、春の訪れを感じさせてくれることにちなむともいわれます。

名称・原産地

科・属名: モクセイ科ソケイ属
学名: Jasminum nudiflorum
和名: 黄梅(オウバイ)
別名: 迎春花(ゲイシュンカ)、金梅(キンバイ)
英名: Winter jasmine

原産地: 中国

モクレン2月19日の花言葉★雨水★石垣島は晴れ〜

気温20〜24℃、晴れの石垣島。
南寄りの風〜

いい一日を〜

雨水(うすい)
二十四節気の一つ 旧暦正月中気

立春から2週間過ぎ、暦の上では確実に春に向かっています。
雨水とは文字通り雨と水のことで、降っていた雪は雨に変わり、冬の間積もっていた雪や張っていた氷が解けて水になる頃という意味です。この頃から草木も芽を出し始め、昔から雨水は農作業の準備を始める目安とされました。


土が潤い起る
七十二候の一つ(4候)。

モクレン木蓮の花言葉

「自然への愛」「崇高」「持続性」




花名の由来

和名の「木蓮(モクレン)」は、花がハス(蓮)に似ていることに由来します。かつてはラン(蘭)に似ているということで「木蘭(モクラン)」と呼ばれていたこともあります。

紫の花色から「紫木蓮(シモクレン)」の別名もあります。

モクレンの種類

モクレンの仲間にはハクモクレン、サラサモクレンがあります。開花時期はハクモクレン、サラサモクレン、モクレンの順になります。

モクレン(木蓮)



モクレン科モクレン属。小型で樹高は3m~5m程度。3月~5月ごろに紫色の花をつけます。

ハクモクレン(白木蓮)





モクレン科モクレン属。大型で樹高は10m~15m程度。3月~4月ごろに白い花をつけます。モクレンと混同されることも多く、そう呼ばれることがあります。

サラサモクレン





モクレンとハクモクレンの雑種。
中型で樹高は6m~10m程度。3月~4月ごろにピンク色の花をつけます。



プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR