FC2ブログ

ヘリコニア10月31日の花言葉★ハロウィンの日★石垣島〜

今朝の石垣島は21℃、最高気温は27℃予報。
波浪注意報。


26日大阪からクロネコさんで発送の荷物、
まだ那覇にも着いてない〜石垣島にはいつ着くのかなぁ〜

牛乳や納豆もお店から消えて久しい石垣島




いい一日を〜


ハロウィンの日
11月1日のキリスト教のすべての聖人の祝日「万聖節」の前夜祭で、アメリカなどではこの日の夜、カボチャをくりぬいてランタンを作り、魔女やお化けに変装した子供達が家々回っては、お菓子などをもらう習わしがある。

古代ケルト族の秋の収穫の祝いと、悪魔を追い払う祭りが今に伝わったものという。


ヘリコニアの花言葉

「注目」「風変わりな人」



花言葉の由来

花言葉の「注目」「風変わりな人」は、ヘリコニアの目を奪う鮮やかな色彩やロブスターのはさみや鳥のクチバシのような独特の花姿に由来するといわれます。

ヘリコニアの花

花のように見える赤や黄色などの鮮やかな部分は苞(ホウ)で、実際の花は苞の中に包まれています。

栽培される主な種

熱帯アメリカ原産のヘリコニアは約80種が知られています。

ヘリコニア・ロストラータ
学名: Heliconia rostrata
英名: Lobster claw
原産地: コロンビアからペルーにかけてのアマゾン熱帯雨林
栽培されているヘリコニアのなかでは最も人気のある大型種です。高さは3メートル以上にもなり、長さ30センチくらいの花序を下垂させ、鮮やかな色(赤と黄と緑)の苞をつけます。





ヘリコニア・プシッタコルム
学名: Heliconia psittacorum
英名: Parrot beak flower
原産地: 南アメリカ北部
高さは1メール程度になります。赤い苞のなかに黄橙色の花を咲かせます。茎がまっすぐ伸び、切り花にも利用されます。




ヘリコニア・ビハイ
学名: Heliconia bihai
英名: Macaw flower, Lobster claw, Red palulu
原産地: ブラジル、ギアナ
高さは3メール以上になります。鮮やかな色(赤と黄と緑)の苞をつけます。





ヘリコニア・アウランティアカ
学名: Heliconia aurantiaca
原産地: 中央アメリカ、メキシコ南部からコスタリカ北西部
高さは1メール以上になります。花序は直立し、オレンジ色の苞をつけます。






スポンサーサイト



シーマニア10月30日★竹富島 種子取祭★の花言葉

今日の石垣島は気温21〜24℃。
北から北北東の風〜〜〜

強風波浪注意報。

シーマニアの花言葉

「繁栄」「コミュニケーション」


花言葉の由来

花言葉の「繁栄」は、長い期間あざやかな花をたくさん咲かせることに由来するともいわれます。


「コミュニケーション」の花言葉は、
花の口元から内側の黄色い面が見えることから、
となりの花とおしゃべりをしているように見えることにちなむともいわれます。


シーマニアの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 9月~2月

 

名称・原産地

科・属名: イワタバコ科グロキシニア属
学名: Gloxinia sylvatica
和名: シーマニア
英名: Bolivian sunset
原産地: ボリビア、ペルー




竹富島 種子取祭(たけとみじま たなどぅい)



2017年10月30日(月)・10月31日(火) 9:30頃~17:00頃 [奉納芸能]

開催場所   竹富島の『世持御嶽』(竹富町竹富381)


問い合わせ  竹富町観光協会   0980-82-5445


種子取祭は祓い清めた土地に種子を蒔き始める祭り。準備段階を含め甲申の日から始まり癸巳までの10日間行われる。島の最大行事で、1977年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

期間中7日目と8日目が

世持御嶽で種々の芸能を奉納する祭りのハイライトである。

庭の芸能




7日目(庚寅の日)、
庭の芸能に続いて舞台で玻座間村(東と西)の芸能を奉納する。




夜は各家を廻るユークイ行事が夜通し行われる。



翌8日目(辛卯の日)は、
庭の芸能に続いて舞台で仲筋村の芸能を奉納する。


初日目 2017年10月30日 庚寅(かのえとら)

10:00~ 庭の芸能
11:00~ 舞台の芸能(玻座間民俗芸能保存会:東・西集落)

二日目 2017年10月31日 辛卯(かのとう)

10:00~ 庭の芸能
11:00~ 舞台の芸能(仲筋民俗芸能保存会:仲筋集落)




いい一日を〜

ゲッカビジン10月29日の花言葉★台風22号★石垣島〜

石垣島の朝の気温は24℃、晴れ〜
強風・波浪注意報。

明日朝は21℃予報、
台風が涼しさを運んでくれた〜
ゆっくり眠って、体力回復






いい一日を〜

台風22号SAOLA(サオラー)2017年10月29日7時30分




台風第22号は、29日6時には種子島の東約50kmにあって、北東へ毎時35kmで進んでいます。中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

この台風は、29日18時には浜松市の南約160kmに達する見込みです。その後、温帯低気圧に変わり、30日6時には日本の東に達するでしょう。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

ゲッカビジンの花言葉

「はかない美」「はかない恋」「あでやかな美人」


夜に開花する理由

ゲッカビジンは、夕方に芳香を漂わせ、夜の8時ごろから咲き始め、午前3~4時ごろ、夜明けを待たずにしぼんでしまいます。

夜に開花する理由は、原産地メキシコ熱帯雨林地帯において、花蜜食・花粉食の小型コウモリを媒介として受粉できるように適応したと考えられています。

ゲッカビジンと俗説

一夜かぎりの花を咲かすなど、神秘的なイメージのあるゲッカビジンには、言い伝えや俗説も多くあります。

同じ日に咲く

古くから日本で普及していた株は、原産地から導入された一つ株から挿し木や株分けで増やされた同一クローンでした(現在は複数のクローンが国内流通しています)。そのため、すべての花が同じ日に咲くという説もありますが、同じクローン株であっても体内時計による長期同調性はなく、あくまでもその株の置かれた環境によってつぼみを形成し、開花します。

年に一度しか咲かない

成長期に花を咲かせるだけの栄養素の蓄積や体力回復のゆとりが十分にあれば、年間二回以上咲きます。

新月の夜にしか咲かない

ゲッカビジンの受粉を行なうコウモリは、月齢に合わせて花粉や蜜を食べに来ることはなく、月齢に合わせた開花サイクルもありません。
 

香水

濃厚な甘い芳香を放つゲッカビジンは、香水の原料として南フランスで栽培されています。
 

食用

ゲッカビジンは、開花中の花や開花後のしぼんだ花を食すことができます。

酢の物や天ぷら、台湾ではスープの具材として用いられます。
 

多肉植物

ゲッカビジンは、多肉植物(たにくしょくぶつ)です。多肉植物とは、葉、茎または根の内部に水を貯蔵し、乾燥に耐える植物の総称です。

サボテン科に多い植物ですが、一般にサボテンは別格に扱い、園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」に分けて呼んでいます。

名称・原産地

科・属名: サボテン科クジャクサボテン属
学名: Epiphyllum oxypetalum
和名: 月下美人(ゲッカビジン)
英名: Dutchman’s pipe cactus
原産地: メキシコ熱帯雨林地帯





ちょっと興味を惹かれた記事

コウモリを誘う花の“声”



特集ダイジェスト

暗闇を飛ぶコウモリに、花粉を運んでもらう熱帯の花たち。コウモリの出す超音波を鮮明に反響させる工夫を凝らし、蜜のありかを知らせている。

 コウモリは暗闇で“耳を使ってものを見る”。

 イタリアの生物学者ラザロ・スパランツァーニがそんな見解を示して人々の嘲笑を浴びたのは、18世紀後半のこと。実際に仕組みが解明されたのは、それから約150年後、1930年代後半のことだった。

 さらに近年、コウモリに受粉を頼る植物が、コウモリに見つかりやすいように花の形状を変えていることがわかってきた。コウモリと花の複雑な関係は、神秘のベールに深く包まれた自然の世界を、私たちに見せてくれる。

花とコウモリの、蜜と受粉をめぐる“取引”

 コウモリは超音波を使って花との位置関係を把握する。声帯を素早く動かして鼻孔や口から短い破裂音を発し、跳ね返ってくる音の違いを高感度の耳で聞きとるのだ。
 長年にわたる進化の結果、蜜を飲むコウモリは特定のグループの植物と密接な協力関係を築き上げた。その原動力となったのは、生命活動の基本である「生存」と「繁殖」だ。
 だが、蜜と受粉の“取引”に当たり、植物はある種のジレンマに陥った。夜間に花を咲かせる植物は、蜜を小出しにしなければならない。コウモリが栄養をたっぷり摂取してしまうと、訪れる花の数が減り、花にとっては繁殖の機会が減ってしまうからだ。
 かといって蜜をあまり出し惜しみすると、コウモリは来てくれない。そこでコウモリに受粉を頼る植物は、進化の過程でうまい解決策を編み出した。蜜の量や質の問題は置いておいて、コウモリの蜜探しの効率を最大限に高めることにしたのだ。
 まず花を咲かせる場所。コウモリが飛行中に見つけやすく、なめやすく、天敵のヘビやオポッサムが潜む場所から離れたところに、甘い蜜をたくわえた花をむき出しにした。また、花の香りの成分に硫黄化合物を加えた。そのにおいは蜜食のコウモリにとって極めて魅力的で、遠くまで伝わる。

 ムクナをはじめとするいくつかの植物に至っては、さらに一歩先を行っている。コウモリの耳に反響音が届きやすくなるように、花や葉の形を変えたのだ。

※ナショナル ジオグラフィック2014年3月号から一部抜粋したものです。
















 研究助手をしていた大学時代から、一貫してこのテーマを追い続けているラルフ・ジーモン博士。最初から大学でコウモリの研究をやろうと思っていたのでしょうか。師匠のフォン・ヘルファーゼン夫妻との出会いも大きかったかもしれませんね。目標をはっきりともって学生時代を過ごした彼を、うらやましくさえ思います。今、その時代に戻れたら何をやるでしょうか?(編集H.O)

パキラ10月28日の花言葉★台風22号★石垣島〜


昨日から強風の続く石垣島〜
ピューピューという風の音が一晩中〜
雨は小雨ですが断続的に降り続いてます。。。

それでも、朝から雄鶏くんや雀さんの声が聞こえます〜

波浪警報。
強風注意報。


いい一日を〜

台風22号SAOLA(サオラー)2017年10月28日4時30分



台風第22号は、28日3時には那覇市の南南東約230kmにあって、北へ毎時20kmで進んでいます。
中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

この台風は、28日15時には沖縄本島近海に達する見込みです。29日3時には屋久島の南南西約100kmに達するでしょう。30日3時には日本の東に達する見込みです。その後、温帯低気圧に変わり、31日3時には千島の東に達するでしょう。

台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風周辺海域および進路にあたる海域はしけ~大しけに厳重な警戒が必要です。

パキラの花言葉

「快活」「勝利」



花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Pachira(パキラ)」は、フランス領ギアナでの現地名に由来するともいわれます。

日本ではカイエンナッツ、英名ではギアナチェストナッツとも呼ばれます。
また、お金をもたらす幸運な木ということで「発財樹(英語では Money tree)」という別名もあります。

花言葉の由来

花言葉の「快活」は、頻繁に新芽を出すことができるパキラの強い生命力に由来するといわれます。

パキラと観葉植物

パキラ属は70以上の種が知られ、原産地では10mを超えるものもあります。日本ではカイエンナッツ種の幼木状態を維持した小~中サイズのものが観葉植物として人気があります。自然成長されたものや数本の幹を三つ編み状にしたもの、鉢植えからハイドロカルチャーまで、様々な形で流通しています。
 

パキラと風水

パキラは風水のアイテムとしても人気があります。
特に仕事運の向上や集中力を高めるのに効果があるといわれています。

ランタナ10月27日の花言葉★台風22号★石垣島〜

朝が涼しくなって、二度寝三度寝〜
気持ちいい石垣島〜
6時59分、やっと起き出した・・・
朝ごはん食べて





いい一日を〜



石垣島の今日の天気 - 10月27日(金)

時刻0時3時6時9時12時15時18時21時
天気

晴れ


晴れ


弱雨


晴れ


晴れ


晴れ


晴れ


曇り
気温(℃)2524252627262424
湿度(%)6467687582828488
降水量(mm/h)00000000
風向
風速(m/s)
北北東
6
北北東
7

7
北北東
8

9
北北西
10
北北西
9
北北西
11

石垣島に現在発表中の警報・注意報

  • 波浪注意報
  • 強風注意報
石垣島地方では、強風に注意してください。
八重山地方では、高波に注意してください。
  • 28日明け方までに波浪警報に切り替える可能性が高い

台風22号SAOLA(サオラー)2017年10月26日16時30分


 
台風第22号は、26日15時にはフィリピンの東にあって、北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は992hPa、中心付近の最大風速は23m/sです。

この台風は、発達しながら、27日15時には沖縄の南に達し、28日15時には沖縄本島近海に達するでしょう。29日15時には九州の南に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

ランタナの花言葉

「心変わり」「合意」「協力」「厳格」






花名・花言葉の由来

花名の由来

黄、オレンジ、赤などの鮮やかな小花が半球形に群れるように咲くランタナ。
外側から内側へ咲き進むにつれて花の色が変化することから「七変化(シチヘンゲ)」の別名があります。

花言葉の由来

花言葉の「心変わり」は、花色が徐々に変化することに由来します。
「合意」の花言葉は、小花が半球形に集まって咲く姿にちなみます。

名称・原産地

科・属名: クマツヅラ科シチヘンゲ属
学名: Lantana camara
和名: ランタナ
別名: 七変化(シチヘンゲ)

英名: Lantana
原産地: 中南米

イチョウ10月26日の花言葉★台風22号★石垣島〜

晴れの石垣島〜
気温は24〜27℃。
波浪注意報。
爽やかな朝です〜


台風22号SAOLA(サオラー)2017年10月25日16時30分



台風第22号は、25日15時にはフィリピンの東にあって、西北西へ毎時20kmで進んでいます。
中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。

この台風は、発達しながら北上し、27日には沖縄の南に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけとなるため警戒が必要です。


イチョウの花言葉

「荘厳」「長寿」「鎮魂」

イチョウの雌花


イチョウの雄花

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Ginkgo(ギンコウ)」は、日本名「銀杏(ぎんなん)」の音読み「ギンキョウ」がもとになり、その「Ginkjo」を「Ginkgo」と誤植したことにちなみます。

英語では「Ginkgo(ギンコウ)」や「Maidenhair tree(乙女の毛の木)」と呼ばれます。

花言葉の由来

イチョウは樹木として長寿であり、樹齢1000年以上のものもあります。花言葉の「荘厳」「長寿」も古木の荘厳な雰囲気にちなむといわれます。


弘前公園 大イチョウ

名称・原産地

科・属名: イチョウ科イチョウ属
学名: Ginkgo biloba
和名: 銀杏、公孫樹、鴨脚樹(すべてイチョウ)
英名: Ginkgo, Gingko, Maidenhair tree
原産地: 中国




石垣島では見られない銀杏、
先日の句会で
煎りたてのアッタカイ銀杏いただきました〜
栗も〜
ちょっと幸せ



いい一日を〜

カエデ10月25日の花言葉★台風22号★石垣島〜

石垣島は雨&晴れ〜
最高気温は27℃、波浪注意報。

昨日の夕方スーパーマーケットやコンビニに行くと、
どこも牛乳や豆腐などの棚が空っぽ〜
台風21号の影響で船が来ない為・・・

直接の影響は少なかった石垣島ですが、
こんなところにも離島ならではの影響が〜

台風22号SAOLA(サオラー)2017年10月24日16時30分



台風第22号が24日15時に発生しました。

台風第22号は、24日15時にはマリアナ諸島にあって、西北西へ毎時30kmで進んでいます。

中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

この台風は、25日15時にはフィリピンの東に達し、26日15時から27日15時にかけては発達しながら日本の南を北上する見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけとなるため警戒が必要です。

カエデ(楓)の花言葉

「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」





花名・花言葉の由来

花名の由来

カエデの語源は「蛙手(かえるで)」で、葉に水かきのような切れ込みがあり、カエルの手に似ていることに由来します。

花言葉の由来

花言葉「美しい変化」は、季節の移り変わりとともに葉の色が緑、黄、オレンジ、赤と変化していくことにちなみます。

カエデの種類

日本のカエデの代表とされるのはイロハモミジ。他には各地の山地で見られるイタヤカエデ、メープルシロップで知られるサトウカエデなどがあります。

イロハモミジ



東アジア原産。樹高は15m程度になります。日本で最もよく見られるカエデです。葉は10月~12月に黄褐色から紅色に紅葉して散ります。4月~5月に黄緑色や紫色の花を咲かせますが、風媒花(花粉の媒介を風に頼る花)なので、直径5mm~6mmの目立たない花をつけます。

名称のイロハモミジ(いろは紅葉)は、葉の切れ目が5~9つに分かれ、この裂片を「いろはにほへと」と数えたことに由来します。

イタヤカエデ



東アジア、サハリン、アムール地方原産。樹高は15m~20mになります。北海道~九州の山地に見られます。葉は掌状に浅く裂け、無毛で鋸歯がなく秋に黄褐色となって散ります。4月~5月に淡黄色の小さい花を咲かせます。

名称のイタヤカエデ(板屋楓)は、葉が密生していて雨よけになり、板でふいた屋根のようであることにちなむといわれます。

サトウカエデ



北アメリカ原産。樹高は30m~40mになります。日本在来種のカエデよりも大きな葉が特徴です。樹液を煮詰めたメープルシロップが有名ですが、日本での樹液採取は少なく、街路樹として多く用いられています。

カナダを代表する木とされ、国旗やメイプルリーフ金貨などの硬貨のデザインにも取り入れられています。
 


カエデとモミジの違い

カエデはカエデ属の木の総称です。

モミジは紅葉する植物の総称として用いられたり、カエデ属の数種についてモミジと呼ぶこともあります。


カエデとモミジの分け方

一般に葉の切れ込みが深いカエデを「○○モミジ」、葉の切れ込みが浅いカエデを「○○カエデ」と呼んでいます。「イロハモミジ」は切れ込みが深く、「イタヤカエデ」は切れ込みが浅くなります。

英語ではカエデもモミジも「Maple(メープル)」と呼びます。





いい一日を〜

ウメ10月24日の花言葉★石垣島〜

台風一過、
涼しい朝の石垣島〜

最高気温は26℃予報。

波浪注意報。


いい一日を〜


ウメの花言葉

「高潔」「忠実」「忍耐」












花名・花言葉の由来

花名の由来

花名のウメの語源には諸説あります。
中国語の「梅(メイ)」が転訛したとする説、
薬用に燻製にした実が「烏梅(ウメイ)」として伝来して転訛したとする説、
花の美しさから「愛目(うめ)」が転じた説などがあります。

花言葉の由来

花言葉の「忠実」は、政争に敗れて大宰府へ左遷された平安時代の貴族・菅原道真(845~903)の後を追って空を飛んだとするウメの伝説(飛梅伝説は下記参照)に由来するといわれます。

白梅の「気品」の花言葉は、あでやかな紅梅に対して、白梅の凜として上品なその花姿にちなみます。

飛梅伝説

平安時代の貴族・菅原道真(845~903年)は、朝廷内での公卿・藤原時平(871~909)との政争に敗れ、遠く九州・筑前国の大宰府へ左遷されることになりました。
道真はとりわけ愛でてきたウメの木、サクラの木、マツの木との別れを惜しみます。
道真を慕う庭木たちのうち、
サクラは悲しみに暮れてついには枯れてしまいました。

ウメとマツは道真の後を追って空を飛びます。

しかし、マツは途中で力尽き、摂津国八部郡板宿近くの丘に降り立ち、
この地に根をおろしました(飛松伝説)。

ウメは一夜のうちに大宰府まで飛んでゆき、その地に降り立ったといいます。

以下は、菅原道真が庭の梅の花に別れを惜しんで詠んだ歌です。

東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅花(うめのはな) 
主なしとて 春な忘るな

(私がいなくなっても、春が来るたび忘れることなく、梅の木よ、芳しい花を咲かせておくれ)


ダチュラ10月23日の花言葉★台風21号★石垣島〜





いい一日を〜



台風21号2017年10月23日8時30分発表

 


超大型の台風第21号は、23日7時には土浦市付近にあって、北東へ毎時65kmで進んでいます。
中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。

この台風は、23日8時には日立市付近に達し、その後温帯低気圧に変わり、24日6時には千島の東に進む見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。


二十四節気・雑節等
霜降
二十四節気の一つ 旧暦九月中気

霜始めて降る
七十二候の一つ(52候)。

ダチュラの花言葉

「愛嬌」「偽りの魅力」






花名・花言葉の由来

花名の由来

「ダチュラ」の名はチョウセンアサガオ属の学名(Datura)ですが、園芸上「ダチュラ」と呼ぶ場合、一般に近縁種のキダチチョウセンアサガオ属を指します。

花を下向きに咲かせるキダチチョウセンアサガオは、英名の「Angel’s trumpet(天使のトランペット)」から、日本でもエンジェルストランペットの別名があります。

花言葉の由来

花言葉の「愛嬌」は、トランペットに似た大型の花がいくつもぶら下がって咲く姿がかわいらしいことにちなむともいわれます。

キダチチョウセンアサガオ属とチョウセンアサガオ属の違い

現在は別属として扱われていますが、かつてはキダチチョウセンアサガオ属(ブルグマンシア)がチョウセンアサガオ属(ダチュラ)から独立していませんでした。そのため現在でも両属がよく混同されています。

キダチチョウセンアサガオ属

高木または低木で、下向きの花を咲かせます。

チョウセンアサガオ属



一年草または多年草で、上向きの花を咲かせます。

名称・原産地

科・属名: ナス科キダチチョウセンアサガオ属
学名: Brugmansia suaveolens
和名: 木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)
別名: ダチュラ、エンジェルストランペット
英名: Angel’s trumpet

原産地: 南アメリカ




【毒】
エンジェルといいながら、アルカイドという有毒な成分を含んでいるので木の汁

に触れないことが大切。

口に入れたり、傷口に触れたり、特に種を食べてはいけない。

含まれているアルカロイド系の成分(アトロピン、スコポラミン(ヒヨスチン)、

ヒヨスチアミン等)を食べたりすると、錯乱状態になり死ぬ時もあるそう。

せん妄、幻聴、頭痛、めまい、興奮、錯乱、最悪、意識喪失、呼吸停止を引き起

こし、汁液が皮膚に付着すると炎症を起こす他、葉茎などの液汁が目に入ると

瞳孔が散大し、見えなくなったり、重症の場合は失明することもある。

強い毒性、麻薬的な効能もあるため、江戸時代には「まんだらけ」「気狂い茄子」

と呼ばれていました。


毒草はその性質を良く知り、分量を適格に調合すると、逆に薬効を現すケースもあ

り、この朝鮮朝顔系は「麻酔薬」として用いられました。

江戸末期、家族を犠牲にして様々の苦難の末、世界で始めて麻酔薬の調合に成功、

麻酔手術を成し遂げた外科医の話は、有吉佐和子の小説「華岡青洲の妻」で有名。

青洲は曼陀羅華(まんだらげ=朝鮮朝顔)の花と草鳥頭(そううず=トリカブト=

猛毒)を含む6種類の薬草を砕いて粉末にし、煎じた物を麻酔薬として用いました。

朝鮮朝顔の仲間は多数あり、華岡青洲が麻酔薬「通仙散」に用いた曼荼羅華がどの

朝鮮朝顔か特定は難しいのですが、洋種朝鮮朝顔(別名:藤色朝鮮朝顔)の可能性

が高いようです。


『A&Pの☆お宿千夜一夜』さんのページから

ススキ10月22日の花★台風21号・衆議院選挙の日★石垣島〜

衆議院選挙2017年10月22日


衆院選沖縄選挙区の12人が立候補者。

石垣島に住んでいる私は、
選挙運動期間中、誰も実際に見かけなかった。
注意はしていたけれど、肉声も聞けなかった。

石垣島は、バターは品切れが続き。
牛乳も品薄、900mlが300円以上の値段。

沖縄は台風21号の大嵐。


いい一日を〜


命は宝、
たかが一票されど一票、
いい一票を



台風21号LAN(ラン)2017年10月22日4時30分発表



 超大型で非常に強い台風第21号は、22日3時には南大東島の東約220kmにあって、北北東へ毎時30kmで進んでいます。
中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。
最大瞬間風速 70m/s

この台風は、22日15時には足摺岬の南南東約370kmに達する見込みです。
23日3時には浜松市の南南西約70kmに達するでしょう。

その後、温帯低気圧に変わり、24日3時には千島近海に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、
猛烈なしけとなるため厳重な警戒が必要です。

ススキの花言葉

「活力」「心が通じる」


ススキの雄花
(虫取りおやじのPHOTO日記さんの画像)https://blogs.yahoo.co.jp/shingouchida61/26779893.html#26779893



ススキの雌花
(虫取りおやじのPHOTO日記さんの画像)https://blogs.yahoo.co.jp/shingouchida61/26779893.html#26779893


花名・花言葉の由来

花名の由来

ススキの語源には諸説あり、「スス」はすくすくとまっすぐに立つことを表わし、「キ」は草や茎の意味であるともいわれます。

別名の尾花(オバナ)は、風になびく穂が動物の尾のように見えることに由来します。

また、茅(カヤ。萱とも書く)とも呼ばれ、茅葺き屋根の材料にも利用されています。

花言葉の由来

花言葉の「活力」は、ススキの生命力の強さに由来するといわれます。

ススキの種類

タカノハススキ(鷹の羽薄)



ススキの園芸品種。葉に白い斑が横向きに入るのが特徴です。
花材として人気があります。
英語では「Zebra grass(ゼブラグラス)」と呼ばれます。

シマススキ(縞薄)



ススキの園芸品種。葉に白い縦縞が入るのが特徴です。

名称・原産地

科・属名: イネ科ススキ属
学名: Miscanthus sinensis
和名: 薄、芒(ともにススキ)
別名: 尾花(オバナ)、茅、萱(ともにカヤ)

英名: Silver grass, Eulalia
原産地: 日本、中国、朝鮮半島、台湾




プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR