FC2ブログ

鳥獣戯画高山寺展( 京都国立博物館)10 月30日



太陽ポカポカあたたかい、
いい天気の京都

噴水も気持ちいい~


特別展覧会
修理完成記念「鳥獣戯画と高山寺」

平日の朝から1時間待ち~
鳥獣戯画の展示はまたまた50分待ち~
2時間程待ってやっとみられた展示は3分

立ち止まらないでくださ~い~

案内人の声がやかましく
手際も悪く
もう少しなんとかならぬのか?
K国立博物館

ボヤキの一日


ごきげんよう


紅葉は日増しに鮮やかになってます
~(^-^)v
スポンサーサイト



紫式部☆10 月29日朝の気温7℃の大阪(我が家はチベット?)



わが家の今朝の気温は7℃
晴れの大阪~
昼には22℃予報


3ミリ程の紫式部の実が巨峰のよう…

気温差に気をつけて

ごきげんよう~
(*´д`*)

いい一日を(^-^)

イロハモミジとイチョウも紅黄葉・鴨川土手も時雨やわ~



京都の午後
川端通りの鴨川土手の遊歩道

北風吹いて~
時雨もザァ~と降りかかる。

川には鷺がジッと佇んで、

寒そうやなぁ~


若木のイチョウが黄葉。
イロハモミジもうっすら紅葉。


ちょっとだけ晩秋



ごきげんよう

(o^_^o)

京都高瀬川舟入町~10 月27日のランチ~



雨の京都。。。

目の前に高瀬川~
お昼ご飯もいただいて、
これから錦市場にでもまわろうかな~

今日もいい一日を~

(^-^)/~~

サンゴジュ紅一葉10 月25日☆大阪散歩~ごきげんよう~



朝の気温13℃、晴れ~

ゴミ出しの途中で見つけた、
緑の中で一枚だけ赤くなった珊瑚樹の葉っぱ~

午後、堂島アバンザのジュンク堂で本を座り読み(ここはイスがあって自由に本が読める本屋さん)
久しぶりに新刊書三昧

地上を歩いて阪神デパートまで…

高層ビル、ビル、ビル、

大林カメラの前を通って

阪神、大丸、JR大阪駅へ

一万歩歩いた土曜日。。。


ごきげんよう

ツブラジイ(食べられる)拾ったよ~大阪~



ツブラジイ
今朝の散歩で拾った木の実

☆吹田市自然保護林☆になってます
竹や椎の木の実、藪椿など…の雑木が茂ってます
右上の大きなのはクヌギ(櫟)


朝5時の気温11℃すがすがしいけど寒い~
晴れの大阪~

薮蚊もいっぱい

ごきげんよう


いい一日を~




ドングリの食べ方のHP見つけた

ドングリを食べよう    渡辺 英夫(神奈川県)

http://www.shinrin-instructor.org/tabe/tabe0311.htm


(1) 生食
スダジイやツブラジイは、生のままで食べられます。
もちろん、殻は取ってください。 そのままで、ピールのおつまみになります。

(2) 炒りドングリ
生食もできるスダジイやツブラジイ、シリブカガシのドングリを殻付きのまま、フライパンで炒ります。炒り上がったら、殻を剥いて、軽く塩をかけて出来上がり。



ダリア10月22日の誕生花★雷注意報の石垣島~

今朝の石垣島は気温27℃、湿度92%、北風に変わってきています。

石垣島地方では22日朝から22日昼過ぎまで、急な強い雨や落雷に注意してください。

10月22日の誕生花「ダリア」

花言葉は「移り気」



色・咲き方共にバラエティに富んだ、人気の花です。

キク科。球根植物。
原産地は、中米メキシコ、グアテマラ。
草丈は15~150センチ、


日本には、江戸時代の終わり頃に、オランダから持ち込まれました。

花の大きさは2~26センチくらいまでと多様です。


咲き方も、一重・八重・ポンポン咲き・デコラティブ咲きなどなど。思わす「移り気」してしまいそう・・・。


花期は、主に2期。5~7月と、9~11月。
初夏の「1番花」を咲かせた後、真夏は一端休み、再び秋に「2番花」を咲かせます。


花色は、赤・白・オレンジ・ピンクの単色や、グラデーションのかかった多色のものもあります。

華麗なダリアの世界の幅広さを実感するには、やはり実際観てみるのが一番でしょうね。
各地に「ダリア園」があります。


また、この花は、ナポレオン1世の奥方「ジョゼフィーヌ」が好んだ花でもあります。
彼女はバラも好きだったのですけども。

ダリア園を宮殿の庭に作って、あちこちから取り寄せた珍しい品種を咲かせ、貴族達に自慢していたそうな。

「ショゼフィーヌ様、ぜひお分けください!」と所望されても「いいえ!」とはねつけ続けた彼女。何が何でも独り占めしたかったんでしょうね。
しかし、侍女の一人が花を盗み、自分の庭で見事に咲かせるという勇気ある行動(暴挙・・・!?)に打って出ました!

ジョゼフィーヌはそれ以降、すっかりダリアへの情熱を失ってしまったそうな。


まぁ、純粋に「この花が好き」という訳ではなく、自分の虚栄心を満たすための道具として咲かせていただけだったのでしょう。


そんな人間のドタバタに振り回されず、ダリアは美しく咲いていたに違いありません。

http://www.366flower.net/2005/12/post_37.html
誕生花の辞典:10月22日の誕生花「ダリア」




いい一日を



ごきげんよう



チトニア10月21日の誕生花☆南風の石垣島~

気温28℃、湿度88%の石垣島~
最高気温は29℃予報。

ミーニシも終了のようで、昨日から南風に~

昨日の我家は最高気温31℃、
夜も30℃と気温が下がらず、
久しぶりにクーラーかけました~


いい一日を





10月21日の誕生花は「チトニア」

花言葉は「果報者」



別名「メキシコヒマワリ」

ガーベラとヒャクニチソウをミックスしたような、
明るい印象の花。


キク科。一年草。

原産地は、別名通りメキシコ周辺の中南米。
古代アステカ王国の国花だったと言われています。


10種ほどが分布していますが、園芸用として栽培されているのは「ロツンディフォリア」種のみ。 (舌かみそう)
日本への渡来は、1930年代・昭和の初めとされます。

草丈は、2メートルほど。
ノッポの割には軟弱で、ちょっと「取り扱い注意」。茎がストローのように、中空なんですね。
風にも弱く、支柱が必要です。

とはいえ、
1メートルくらいの、ほどよいサイズの矮性種も普及していますので、恐れること(!?)はございません。


花期は、8~10月にかけて。

濃いオレンジや黄色の花は、直径10センチ前後です。

一株からどんどん脇芽を出し、たくさん花を咲かせてくれるので、なかなか豪華。

しっかり支えてあげさえすれば、土質や肥料の心配は、ほとんどご無用。

北海道の追分町では「赤いヒマワリ」として町の花に制定し、地域おこしのシンボルフラワーにしています。
詳しくはこちら ↓

「チトニア」とは、ギリシャ神話に登場する青年「ティトヌス」に由来する名前。

トロイの王様の息子なのですが、暁の女神・アウロラに一目惚れされたあげく、強引に彼女の宮殿に囲われてしまったそうな。
神に見そめられたということは、まぁ「果報者」と言えなくもない。
しかし、時が経つと彼はしわしわの老人に。
アウロラに見向きもされなり、小部屋に閉じこめられ、とうとう「セミ」になってしまうので、ありました・・・。

そりゃないぜ(泣)

誕生花の辞典:10月21日の誕生花は「チトニア」




ナナカマド10月20日の誕生花☆季語・秋の風☆石垣島~

気温27℃、湿度92%、朝から雨。。。

風向きが北から南へ、少し蒸し暑い石垣島~


ナナカマドほどではないけれど、
石垣島では櫨(ハゼ)が色づいてきています。
昨日の句会で、櫨は石垣島で唯一紅葉する木だと聞きました。


ごきげんよう~








秋の風の季語

http://www.haisi.com/saijiki/akinokaze1.htm

秋の風    魁けしものより秋の風まとふ    稲畑汀子


秋風     秋風やしやつくり一つ海へ捨つ   鈴木真砂女


金風     金風や決心揺るがざるものに   稲畑廣太郎


色無き風   絵筆置く山河色なき風のなか   廣島泰三




10月20日の誕生花「ナナカマド」

花言葉は「慎重」






漢字では「七竈」です。

大変固く、七回かまどに入れても燃え残ることをたとえてつけられた名前です。


秋は、真っ赤に紅葉する季節。


バラ科。落葉高木。
高さは5~10メートルにもなります。


原産地は、ユーラシア大陸・アジアとされています。
日本列島にも、北海道から九州まで幅広く分布しています。


花期は初夏、白い小花をつけます。


秋になると、紅葉した葉と赤い実が目を引きます。


固い木質を活かして彫り物や細工物として、また、海難・水難を避ける力も信じられていて船舶の材料の一部にも使われます。

雷よけの霊木ともされていて、別名は「雷電木」。・・・とっても、強そうですね。
神社などに「雷除け」として植えられることも多い木です。


実には、「ソルビン酸」という保存料が蓄積されています。
食品添加物として使われている、「ソルビン酸」です。

そのため、葉が落ちても、実は腐らず凍らず残って、冬の間、鳥類にとって貴重な食糧になるのです。

迫害され、放浪する聖母マリアに実を差し出した植物とされていて、神の祝福により、実が凍らないようになったという伝説もあるようです。

洋の東西を問わず、「安心感」「安定感」をイメージさせる役割を担っている木、なんですね。


誕生花の辞典:10月20日の誕生花「ナナカマド」





アキのキリンソウ10月19日の誕生花☆☆石垣島~

朝の気温26℃、湿度78%、晴の石垣島の朝~

最高気温は29℃予報。



10月19日の誕生花「アキノキリンソウ」

花言葉は「警戒」



漢字では「秋の麒麟草」です。
名前は、ベンケイソウ科の「キリンソウ」に花の感じが似ているところからつけられたようです。

キリンを連想させる、きれいな黄色の花です。


キク科。多年草。
高さは20~80センチほど。
原産地は北アメリカとされており、旺盛な繁殖力で、現在は日本各地で普通に見られます。


原産地のアメリカでは、本当にどこにでもある草花のようで、アラバマ・ケンタッキー・ネブラスカの州の花になっています。

開花期に刈り取って日干しにしたものは、薬用にされています。
胃の強壮、利尿、風邪の時の頭やのどの痛み、解毒などに効果があるとされます。


誕生花の辞典:10月19日の誕生花「アキノキリンソウ」





アキノキリンソウはキク科の植物で、日当たりの良い山地や道端で見られる多年草で北海道に多く生育しています。
アキノキリンソウの花粉は重いため風に飛ばされにくく、花粉症のアレルギー反応が起こることは少ないようです。

花粉症の症状としては鼻や目の症状に加え、特定の果物や野菜を食べるとと口の中が腫れるなどの口腔アレルギーが現われることもあります。

http://花粉症対策ナビ.jp/category1/entry8.html



アキノキリンソウは食用にもなり、若苗の葉を揚げ物にしたり、お浸しや胡麻和えにして食べる。 薬用や食用の植物として古くから親しまれてきた花である。
http://www.geocities.jp/mc7045/sub201.htm






いい一日を~





プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR