FC2ブログ

オリーブ5月30日(旧暦  4月10日)の誕生花☆石垣島~

気温29℃、曇りの石垣島の午後。。。



CG・Webデザイン・プログラミング科の受講決定しました。

半年間、実践コースなので、ちと難しそうですが・・・

(@^∇゚)/ファイトォ♪~v( ̄∇ ̄)ニヤ

私も暑い夏になりそうです~










5月30日の誕生花は「オリーブ」

花言葉は「平和」



オリーブオイルは、今や日本の食卓にも欠かせない存在ですね。
食べてよし、お肌に塗ってよし、の万能選手。

本日はポール・モーリアの「オリーブの首飾り」をBGMに、
軽快に参りましょう!


・・・ん? 手品がはじまるのかって?

モクセイ科。常緑高木。
原産地は、中東(現在のシリア付近)~地中海沿岸にかけてとされます。
日本には、安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって持ち込まれ、本格的な栽培がはじまったのは明治時代のこと。
瀬戸内海に浮かぶ香川県・小豆島の特産品として名高く、香川県の花と木に指定されています。


高さは、5~15メートルほど。

花期は、5月下旬~6月上旬にかけて。生成りっぽい感じの、クリーム色がかった小花を咲かせます。


その後10月ごろに、2センチほどの大きさの実がなり、およそ2ヶ月をかけてゆっくりと熟していきます。

成熟の度合いによって、加工方法も異なり、

「ピクルス」は10月ごろの若めの実(レア? いわば10代?)
「塩漬け」は11月ごろのもの(ミディアム? 中年?)
「オイルの収穫」は12月の完熟のもの(ウェルダン? 熟年・・・?)

・・・が使われます。


成長が早いうえに、樹齢も長く、なんと数百年から、上は数千年単位とも言われるそうなんですが、「天然記念物」ものですな~。

「縄文スギ」ならぬ「縄文オリーブ」・・てかぁ?
しかしそもそも諸外国には、長寿の木を、「記念物」などとして保護するとか、名物にするとかっていう文化はあるんでしょうかね。
今後の研究課題にしてみます。
ともあれ、人類との関わりは非常に古く、聖書やギリシャ神話における位置づけも特別なもの。
「ノアの箱船」伝説をはじめ、聖書にはとてもたくさん登場し、ギリシャ神話では、農業の女神アテナが作り出した植物とされています。
オリンピックの勇者に与えられる冠は、「月桂冠」ならぬ「オリーブ冠」。
第一回目のオリンピック開催地・アテネのシンボルは、この木だったからなんですね。


ヨーロッパでは、「油」といえば、オリーブ油のことを指すといっても過言ではないでしょう。

油といっても、正確には「果汁」なので、ビタミン・ミネラルが豊富でヘルシー。ポリフェノールやスクワレン、繊維質まで含まれています。(この辺の「健康成分」、すっかりおなじみになりましたね)


花言葉の「平和」は、ハトがオリーブの枝をくわえてノアの箱船に戻ってきたという聖書の故事にもとづいたもの。

オリーブオイルを使ったおいしいものを食べて、健康(と美しさ・・・)を手に入れて、毎日いきいき、周りの人にちょっと心を配る余裕を取り戻せれば、いつかは本当の「平和」がおとずれるかもしれません。

信じて今日も、いただきま~す!
(結局は食い気に落ち着くわけね)


誕生花の辞典:5月30日の誕生花は「オリーブ」から




オリーブの首飾り ポール・モーリア Paul Mauriat El Bimbo
スポンサーサイト



ナデシコ5月29日(旧暦  4月 9日)の誕生花~石垣島は雨~

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪

今日も1日中雨。。。石垣島。。

気温25℃、湿度94%

雷注意報

今朝は小鳥の声がしないので
鳥の絵を描こうかな~



o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!


いい一日を









5月29日の誕生花は「ナデシコ」

花言葉は「純愛」




「秋の七草」のひとつですが、
改良種も数多く、初夏から秋にかけて見ることができます。

女子サッカー日本代表の愛称でもおなじみ。

「大和撫子」は、
たおやかしとやか、でも凛とした日本女性の美しさを讃えた言葉。

せめて写真を見て、きれいだわぁ・・・と思うだけでも、
「やまとなでしこ」への一歩と、なるかな?


ナデシコ科。一年草、多年草。

ヨーロッパ、アジア、アフリカに、およそ300種が分布し、日本にも「カワラナデシコ(河原撫子)」など、4種が自生します。


草丈は、20~60センチほど。

花期は、6~10月にかけて。
種類によっても幅があり、四季咲き性の園芸品種もあります。

細かいフリンジの入った花びらが繊細な感じで、「サギソウ」にもちょっと似てますね。(あちらは「ラン科」ですが)
花色は、カワラナデシコはピンクと白。
そのほか、「ヒゲナデシコ」「タツタ(竜田)ナデシコ」「セキチク(石竹)」などには、赤や紅、覆輪の入ったものや複色もあります。


ナデシコ(撫子)の由来は、「撫でてかわいがりたい」と思わせる可憐さから、といわれます。


古くは万葉集にも詠み込まれ、清少納言も「枕草子」の中で「草の花はこの花よっ!」と書いているほどで、控えめでありながら、河原や草むらで確固たる存在感を放つ点が、日本人のフィーリングにピッタリだったんでしょうね。


その美しさから「家紋」の図案にもされており、数種あるのですが、どれも可愛いです~!

ちょっとうらやましいぞ、って感じ。


「純愛」という花言葉にふさわしい、清楚な美しさです。


誕生花の辞典:5月29日の誕生花は「ナデシコ」から




アマリリス5月18日(旧暦  4月 8日)の誕生花~石垣島は雨の1日~


。。朝7時の石垣島は雨。。。
大雨・雷・洪水注意報が出ています。

最高気温は26℃予報、湿度96%

石垣島は強い雨が降る1日に(・_・ )=C(o_ _)o.....

重苦しい天気にもまけず、

いい一日を

ゴキゲンヨウ~(*⌒ー⌒)にこっ♪




5月28日の誕生花は「アマリリス」

花言葉は「誇り」



「調べはアマリリス~」の歌は、
音楽の授業で歌ったでしょうか?

縦笛(リコーダー)でさんざん吹いた管理人は、
「階名(ドレミの音階)」を、なぜか今だに覚えております。

歌詞はうろ覚えなんですけど。
オルゴールをみんなで聞こう、みたいな内容だったかな?
なかなか華やかな容姿で、目を引きます。


ヒガンバナ科。球根植物。

メキシコ、ブラジルなど中南アメリカ原産の系統と、南アフリカ原産の系統があります。現在の園芸品種の元になっているのは、中南米系のもの。
日本への渡来はけっこう古く、江戸時代の天保・安政年間ごろ(1830~1860年)とされます。その後、明治に入って、大輪の改良種が入ってきました。


草丈は、40~70センチほど。

花期は、5~6月にかけて。
直径7~20センチほどの、テッポウユリにもちょっと似た花を咲かせます。
改良種には、八重咲きもあって、一本の茎に2~6輪ほど花をつけるので、なかなかゴージャス。葉も立派なので、そこそこ(まあまあ・・・結構?)場所を要します。
花色は、赤、白、ピンク、オレンジ、複色などさまざま。
改良は「花の国」オランダで進んでいるようですね。


基本的に丈夫な球根で、開花後の堀りあげも、毎年やらなくても大丈夫。

やや乾燥気味の状態を好むので、水やりもナーバスになることはありません。
1つコツをあげるとすれば、
開花後に思いっきり葉を茂らせてあげて、自然に枯れるのを待ってあげること。球根に十分な栄養を蓄えさせてあげると、来年もまた大輪の花を咲かせてくれるという訳ですね。

さて、冒頭でご紹介の童謡「アマリリス」ですが、岩佐東一郎さんという詩人が作詞をなさっています。

この方、もうお亡くなりになってますが、ベートーベンの「喜びの歌」の作詞者でもあります。
そして、曲は「メイド・イン・フランス」。
しかも、
フランス国王「ルイ13世(在位1610~43)」作曲! 説がございます。

ほかに、
「ギース」という人が作曲したとも、「いやいや、フランス民謡なんだよ」とも言われているようで、はっきりしていないのが真相のようです。


もし本当に「フランス国王」作曲だったら・・・

そりゃもう、「誇り」高い楽曲ですわね!

誕生花の辞典:5月28日の誕生花は「アマリリス」から







オカメインコのアマリリス



小空(しょうくう)の俳画『梅雨晴間 金環食の最大食   小空』

小空(しょうくう)の俳画

『梅雨晴間 金環食の最大食   小空』










石垣島は
5月27日は梅雨空がもどって、
夜から明日にかけては
強雨も。。。
雷注意報も出ています。。

最高気温28℃
湿度92%



。。。明日は1日雨模様。。。。。


5月26日(旧暦  4月 6日)の石垣島~

朝の石垣島は
気温25℃、湿度90%、曇り
ちょっとムシムシ、、、寝苦しかった。。。



昨夜も南十字座観望会へ行ってきました~
24日は、とってもよく見えた南十字座、
25日は、テッペンのガウルックスと左のペクルックスの一等星しか見れなかった、
晴れていて雲もなかったのですが、
なんとなくモヤモヤした感じ、
気象の変化の微妙さを感じました。


歩いて帰ったので、一汗かいて、
いい運動に(⌒∇⌒*)ゞえへっ♪



いい一日を

ごきげんよう!!!




南十字星観望会☆石垣島☆2012年5月24・25日~

25日の石垣島は晴れ~爽やかな朝~

気温24℃、湿度78%、
最高気温は30℃予報。。。


b(^o^)d お! w(^▽^)w はぁ~!


昨夜は南十字星観望会へ行ってきました。
とっても爽やかな晴天、
日没後、夜8時頃から、
南の空に十字の星座がくっきりと見えた~

25日も観望会開催。

海風に吹かれながら、
ゆっくり、
空いっぱいの星を眺めるられて、
いい一夜~

その後、我ら4名、
サザンゲートの新港島→バンナ公園→宮良牧中→大浜海岸
と移動。。。

石垣市内の夜景と星を満喫。。。

バンナ公園から見る市内の夜景は、
キラキラとして大都会を見ているよう~

宮良牧中の真っ暗な夜空では星が大きい!!!

いい一夜o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o ニコニコッ
Mさん、ありがとう(((゚▽^*)~☆また行きたいです!!





サザンゲート向こうの新港島の南の海岸から南の空を見る。


石垣島天文台
石垣島から見える南十字星(更新中)
http://www.miz.nao.ac.jp/ishigaki/content/%E5%8D%97%E5%8D%81%E5%AD%97%E6%98%9F%E6%83%85%E5%A0%B1%EF%BC%88%E6%9B%B4%E6%96%B0%E4%B8%AD%EF%BC%89




南十字座



南十字星を見るには、からず座を見つけよう!
http://www.zero-co.com/seiza/guide/crv.html




みなみじゅうじ座
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%BF%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%98%E5%BA%A7


南十字星を見る
http://plaza.harmonix.ne.jp/~frisky/sub/s-cross.html

みなみじゅうじ座(南十字座)
http://stella.toxsoft.com/html/cru.html

波照間島で南十字星を見よう
http://ryutao.main.jp/trip_hateruma.html



南十字星観望会


2012年5月25日も行われます。

時間 午後8時~9時30分
場所 サザンゲートブリッジを越えた駐車場の海側堤防付近

(たくさんの人がいるのでわかると思いま~す)

懐中電灯、双眼鏡など持って行くといいよ!!!




八重山毎日新聞から


『東崎(あがりざき)お馬の親子こっぽこぽ』小空~5月24日までの一言メッセージ~


東崎(あがりざき)お馬の親子こっぽこぽ   小空






与那国吟行の時の俳句と絵

東崎は風が強く
ソテツや野アザミもタンポポなども地面にくっついたように咲いています。
近くには風車が2機あって、風力発電もおこなわれています

与那国馬がのどかに草を食べています~






アマドコロ5月23日の誕生花(旧暦  4月 3日)の誕生花~石垣島は晴れ~

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪

気温24℃、湿度74%

晴れ~

最高気温は30℃予報。。。~(:D)。。



いい一日を~

o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!









5月23日の誕生花は「アマドコロ」

花言葉は「元気を出して」




「甘野老」と書きます。

園芸種が「ナルコユリ(鳴子百合)」の名前で
販売されることもあるようですが、

正確には別種、だそうです。
規則的にぶら下がって咲く花が、かわいらしい。


ユリ科。多年草。

日本在来種で、全国の山野に広く自生します。


高さは、30~80センチほど。自然な感じに茎が下向きにたわみます。

花期は、4~6月にかけて。

花色は、アイボリーホワイト。先端が、少し緑色がかります。
葉に「斑」が入るように改良されたものが、園芸種として出回っており、鉢植えとして楽しめます。


名前の由来ともなっている「根茎」は、食用にするほか、優れた漢方薬として、中国の古い薬草本「神農本草経」に紹介されているんです。


滋養強壮はもちろん、

なんでも、

「久しく食べると顔のシミ、黒ズミを取り、
(むむっ・・・!)

 潤いと艶を出させ、
(なんとっ・・・!)

 身も軽くなって生き生きとして老いを知らず」
(ええーっ!!)  ・・・・・なんですって。


この効能は脈々と伝えられ、中国では「美顔薬」として、サプリのような感じで販売されているとのこと。

「美肌効果のある山菜」として、TV番組(「トコロさんの目がテン」)で紹介されたそうなんですが、ご覧になりました?
日本でも、成分を配合した「美白美容液」が開発・販売されています。
これから注目を集めそうな植物ですな~。折しも、「紫外線対策」に一気に目が向くシーズンですし。
また、男性も気になる、「糖尿病」「痛風」などにも効果あり! とされています。


「白インゲン」の次は、「アマドコロ」が来るかも!
(適正な使用量と方法を守って、のことですが)


いろいろな面で役に立ってくれる存在感は、

まさに「元気を出して」と、応援してくれているかのようです。

誕生花の辞典:5月23日の誕生花は「アマドコロ」から

金環食(部分食)~フクシア5月22日(旧暦  4月 2日)の誕生花~石垣島は晴れ~

気温23℃、湿度76%、晴れ~

b(^o^)d お! w(^▽^)w はぁ~!
気持ちのいい朝です~







見た!見た!金環食【部分食】
昨日の金環食、石垣島では3分の2程のリング。


天気予報も曇り&雨だったので、
『どうせ見えないわ』と、日食グラスも用意しなかった・・・
でも、時間が近づくとソワソワ、

日の出から雲が多い空~
7時過ぎからとくに暗くなった、
空いっぱいの雲~

でも、暗さが違う、

東の空を見ていると、
7時9分
太陽のありそうなあたりの雲が動いて一瞬太陽が、

真ん中が暗いグレー周りが薄黄色に、
ほんの1、2秒、
また雲に包まれました。。。。。

その後、小雨が3分程降って、
徐々に普通の曇り空に(7時16分)。


興奮した一瞬?  ヾ(⌒□⌒ )ノ彡☆


でも、近所は静かに日常生活。。。(^▽^;)





いい一日を~


  




5月22日の誕生花は「フクシア」

花言葉は「好みのよさ」



「ホクシア」などとも呼ばれます。

バブルの頃大流行した口紅の色、「青みがかったピンク」は、
(シャネルのNo.365とか565とか! 
理解者限定ネタですんません)

「フューシャピンク」とも言うのですが、
実は、この花の色が由来なんです!


アカバナ科。常緑または落葉低木。

中南米やニュージーランドが原産地。ペルーやアンデスの高山地帯にも原種が存在します。
昭和初めに、アメリカから渡来したとされます。


高さは、30センチ~1メートルほど。交配・改良が進み、鉢花として楽しめるようになっています。

花期は、5~6月にかけて。
垂れ下がって咲く花の姿は、イヤリングにもたとえられ、英名は「レディース・イヤードロップ」
古代インカでも、「女王の耳飾り」と呼ばれていたようです。
花びらと萼が4枚ずつ、上に反り返るのは萼、下に向くのは花びらです。

花色は紅、白、赤、紫、青があり、花びらと萼の色が異なる種類も多くて変化に富んでおり、対比が楽しめます。


花形は、

「シングル(花弁が4枚)」
「セミダブル(花弁が5~7枚)」
「ダブル(八重咲き、花弁が8枚以上)」に分けられ、

写真のタイプは「シングル」ですね。(寝具みたい~!)


もともとの性質としては、暑さと多湿に弱く、日本の気候にはあまり適していません。

しかし、ここで登場するのが、またもや「酒造メーカー」! (以前「カーネーション」の項でも採り上げましたよね)

今回は「○ントリー」でございます。
(前回は「○リン」)

「エンジェルス・イヤリング」という耐暑性のある品種を、兵庫県西宮市と共同で開発し、めきめきとポピュラーになってきています。
管理人も先日、近くのホームセンターで目にしたばかり。
小さなマスコットがぶら下がっているようにも見える容姿は、愛嬌たっぷりで、今後ますます注目を集めそうです。
今から育てれば、「好みのよさ」に、一目おかれるかも知れませんよ。


誕生花の辞典:5月22日の誕生花は「フクシア」から

デルフィニウム5月20日(旧暦閏-3月30日)の誕生花◯石垣島は雨の日曜~

気温26℃湿度98%、
午前中は強い雨予報。。。注意報。。

6時過ぎから遠くで雷なってます~


ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪


いい一日を

5月20日の誕生花は「デルフィニウム」

花言葉は「高貴」




「デルフィニウム」とはギリシア語の「イルカ」に由来します。

花の後の部分を「イルカの尾びれ」に見立てた、
つぼみをイルカに見立てた・・・とされています。


しかし、日本人は・・・
「燕(つばめ)」の尾に見立て、
「ヒエンソウ(飛燕草)」
という名前をつけました。


キンポウゲ科。一年草または多年草。

ヨーロッパ、アジア、 北アメリカ、 アフリカ山岳地帯など広い範囲に分布し、その数300種以上とも言われます。
概して、「冷涼地」「夏に乾燥する地域」。
高温多湿は嫌うので・・・、「日本の夏」は天敵! なのですが、改良によって、かなり暑さに強いものも出回って来ました。

一年草のタイプは「ラークスパー (千鳥草)」という別種もありますが、とても近い種類。


草丈は、30センチ~1メートルを越えるものまで。

花期は、4~9月にかけて。
交配によって多くの品種が作り出され、種類によって、幅があるようです。


花色は豊富で、青や紫の濃淡をはじめ、赤、ピンク、白、黄色、オレンジなど豊富ですが・・・

この花の醍醐味といえば、やはり海を思わせるクリアな「青」ですね。


しかし、思いのほか水とは相性がイマイチで、

切り花は水あげが悪いんです・・・。


そこでオススメの方法は、「湯あげ」

60度以上、結構熱いお湯をバケツや桶に張って、根本3~4センチ位までを茎の色が変るまで浸します。
時間にして数秒、一呼吸くらいでしょうか。
その後、すぐに冷水に1時間ほどつけます。
お湯の熱気が伝わらないように、お花の部分は新聞紙などでくるんでおいてくださいね。


ちょっと荒療治(?)ですが、びっくりさせて、刺激と勢いで水を吸い上げさせる・・・てな感じでしょうか。


「高貴」な青を長く楽しむために、ぜひ、お試し下さいね。

確かに、日本人にとっては
「イルカ」より「ツバメ」の方が、なじみ深いかなぁ。


誕生花の辞典:5月20日の誕生花は「デルフィニウム」から



プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR