FC2ブログ

マユミ10月31日(旧暦 10月 5日)の誕生花☆

気温24℃、湿度82%~
石垣島は涼しい朝~

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪

最高気温は28℃、午後から晴れの予報。

季節の変わり目、体調を崩さぬように、


いい一日を~


(^-^)” ・ (^0^) ・ (^―^) ニコリ♪





10月31日の誕生花は「マユミ」

花言葉は「あなたの魅力を心に刻む」



漢字では「真弓」

由来は、女性の名前・・・ではなくて、
この木でつくられるもの。

さて?
もう、おわかりかしら?

秋はかわいい実をつけています。


ニシキギ科。落葉低木~小高木。

日本~朝鮮半島、中国が原産地。


高さは、3~15メートルほど。

花期は、5~6月。
直径1センチほどの、緑がかった白色の4弁花を咲かせます。


その後、10月ごろになると、淡い紅色の実(仮種皮)が枝いっぱいぶらさがります。

角の丸い十字のような形。

ほんのりとした色合いで、なんだか柔らかそうに見えます。
(やわらか戦車、みたい?)

熟すと割れて、中から真っ赤な実(こっちはほんとの実)が顔を出し、なかなか可愛らしい眺め。
目を引くのは、花よりも断然「実」に軍配があがります。


ぱっかり口を開けているのは、昼間だけ。夜は閉じてしまいます。

こんな所も、なんだか本物以上に花っぽい。
この「出し惜しみ(!?)」が功を奏すのか、赤い実は真冬までしっかり残り、ヒヨドリやメジロの貴重な食糧となるのです。
でも、人間の食用には不向きだそうですので、あしからず。


非常に良質の木材として弓の材料にされたことから、「真の弓の木」の意味で「真弓」となったとされます。

折れにくく、きめが細かくて狂いが少ないんだそうです。
その他の用途としては、将棋の駒、こけし、版木(版画の図案を彫りつける板)、印鑑や櫛など。
どれも、耐久性が求められるものですな。
一回手に入れれば、そうそう取っ換え引っ換えしなくてもいいものたちです。

・・・印鑑なんて、特に。
将棋の駒も・・・使いこむほど味が出てきたり、するんでしょ?

羽生さんは、「マイ駒」どんなのをお持ちなのかしら。気になるな。


・・・もとい、長期間に渡る使用に耐えるモノになるから、魅力も一過性ではなく、
「心に刻まれる」んでしょうかね。

 
http://www.366flower.net/2006/10/post_395.html
誕生花の辞典:10月31日の誕生花は「マユミ」
10月31日の誕生花は「マユミ」
スポンサーサイト



アケビ10月23日(旧暦  9月27日)の誕生花

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪
石垣島は24℃小雨が降ってます。

土曜の深夜から日曜早朝、
『今夜もさだまさし』と『俳句』と
テレビ三昧


今日も一日

e(^。^)gファイト!!

いい一日を



10月23日の誕生花「アケビ」

花言葉は「才能」


秋は、白い粉をふいたような紫色の実がなる季節です。
ほんのり甘い山の味覚、

懐かしい思い出を持つ方もいらっしゃることでしょう。
市販もされているようですね。

花は、よい香りもするようです。

アケビ科。つる性落葉低木。
原産地は、日本、中国です。


「アケビ」という名前の由来は、熟した果実が割れることから、
「開け実(アケミ)」→「アケビ」になったという説や、
古く朝廷に献上されたという、

アケビに似た果実「ムベ(熟しても果実が割れない)」と比較した名前、「開けムベ」から「アケビ」になったという説があります。


熟した実を味わうのはもちろん、
若い芽、若い茎、未熟な果実や果皮も野菜として食用にされ、
つるは細工物の材料とされるなど、
古くから生活に密着した植物でした。

また、実を乾燥させたものは、
利尿作用のある漢方薬「木通子(もくつうし)」となります。
様々な用途に広く役立ってくれる「アケビ」。

まさに、「才能」をたくさんもっている植物と言えましょうか。


誕生花の辞典




チトニア10月21日(旧暦9月25日)の花言葉☆果報者☆

今朝も早朝の雨。。。

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう~♪ 


PC講座は『電子会計』へ、
先週は
簿記もほんのチョッとだけだけれど勉強。

知らない世界、マダマダ御座います。

今日もいい一日を
(〃⌒∇⌒〃)あはは♪



10月21日の誕生花は「チトニア」

花言葉は「果報者」



別名「メキシコヒマワリ」

ガーベラとヒャクニチソウをミックスしたような、
明るい印象の花。


キク科。一年草。

原産地は、別名通りメキシコ周辺の中南米。
古代アステカ王国の国花だったと言われています。

10種ほどが分布していますが、園芸用として栽培されているのは「ロツンディフォリア」種のみ。 (舌かみそう)
日本への渡来は、1930年代・昭和の初めとされます。


草丈は、2メートルほど。

ノッポの割には軟弱で、ちょっと「取り扱い注意」。茎がストローのように、中空なんですね。

風にも弱く、支柱が必要です。切り花にする場合も、「首チョンパ」にはご用心。  (・・・おっと、放送禁止用語かしら? ピ~・・・)

とはいえ、
1メートルくらいの、ほどよいサイズの矮性種も普及していますので、恐れること(!?)はございません。


花期は、8~10月にかけて。

濃いオレンジや黄色の花は、直径10センチ前後です。
一株からどんどん脇芽を出し、たくさん花を咲かせてくれるので、なかなか豪華。
しっかり支えてあげさえすれば、土質や肥料の心配は、ほとんどご無用。
北海道の追分町では「赤いヒマワリ」として町の花に制定し、地域おこしのシンボルフラワーにしています。

「チトニア」とは、ギリシャ神話に登場する青年「ティトヌス」に由来する名前。
トロイの王様の息子なのですが、暁の女神・アウロラに一目惚れされたあげく、強引に彼女の宮殿に囲われてしまったそうな。
神に見そめられたということは、まぁ「果報者」と言えなくもない。


しかし、時が経つと彼はしわしわの老人に。

アウロラに見向きもされなり、小部屋に閉じこめられ、とうとう「セミ」になってしまうので、ありました・・・。
そりゃないぜ(泣)

誕生花の辞典:10月21日の誕生花は「チトニア」



サルトリイバラ10月16日(旧暦  9月20日)の誕生花

  先週末~雨。。。つづきの石垣島。。

タイほどではないにしても
けっこうな降水量。
湿度90%以上。(>_<。。。

ずーっとエアコンのドライをかけてますが我家の湿度は85%
洗濯物が乾きません~


来週は雨が上がって、
太陽が見たいです(^ー^;)。。。
いい一日を

10月16日の誕生花は「サルトリイバラ」


花言葉は「不屈の精神」


猿を捕る茨」の意味で、「猿捕茨」。
昔話「さるかに合戦」には・・・登場しませんけども。
秋は、赤い実をつけているシーズンです。


ユリ科。つる性落葉低木。

日本全国はじめ、朝鮮半島・中国・インドシナ半島などに分布します。


高さは、50センチ~2メートルほど。

大きなトゲのあるツルを他の植物にからませ、よじ登るように大きくなっていきます。
このトゲで「猿をも捕らえる」ことが、名前の由来。

しかし実際に引っかかるのは、人間ばかりなり・・・のようですが。
(「ヒトトリイバラ」には、しなかったのですな、 ホモ・サピエンスの沽券にかかわる故!?)



花期は、4~5月。
淡い黄緑色の小さい6弁花を咲かせます。

その後、10~11月に、雌株に(雌雄異株のため)赤い実が実り、つるの造形の巧みさと実の美しさから、華道の秋の花材として重宝されます。


また、葉っぱも大きくツヤツヤとして美しいもの。

ハートをさらに横広がりにしたような卵形で、「柏餅」の柏の葉のかわりに、お餅を包むのに使っている地域もあるんですよ。
鹿児島や屋久島などで見られ、ほのかにスパイシーな香りがあって、甘いお餅に独特の風味を加えているようです。
その名も「かからんだんご」!
食べても無害であるどころか、根茎は、漢方薬としての利用法も。


野や山を見渡せば、役に立つ植物はほんとにたくさんあるんですね。

それらを生活に取り入れてきた、先人の「不屈の精神」にも、脱帽いたします。

http://www.366flower.net/2006/10/post_380.html
誕生花の辞典:10月16日の誕生花は「サルトリイバラ」

マツタケ10月10日(旧暦  9月14日)

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪

28℃曇りの石垣島~
スズメ達が団体でちゅんちゅんヾ(・◇・)ノ

朝の目覚めは心地よい~

いい一日を


ヽ(´▽`)/へへっ



10月10日の誕生花は「マツタケ」


花言葉は「控えめ」
なんでやねん!



正確には、花言葉ならぬ、
初の「キノコ言葉」、略して「きの言葉」でございます!

いや~、正直ビックリ。
あるんですねぇ、キノコにも。

何と言いましょうか・・・ネタ切れ!?

(いえいえそんなこたぁありません^^;
ちゃんと花言葉の参考文献に載ってるんですってば)


キシメジ科。真菌類。

正確には、植物でも動物でもない「菌類」。

第3の男」・・・ならぬ「第3の生物」として、地球の生態系に欠くことのできない存在です。


日本特産のキノコで、主な産地は、長野、京都、兵庫、岡山、広島などです。

高さは、10~20センチほど。
収穫期は、9月中旬~10月上旬にかけて。


日本人は万葉の昔から、このキノコにご執心のようで、万葉集にも「秋の香りのよさ」と詠まれているほど。

何かとお騒がせの、某北朝鮮からも(ぜんぜん「某」じゃないっちゅーの)、日本へのお土産としてマツタケがどっさりと・・・。
かの国でも、よっぽど「日本人はマツタケ好き」と、強烈に印象づけられていたんでしょうか。


食用にする部分は、傘と柄。植物でいえば「花」にあたります。

キノコ界の用語で表わすと「子実体」。
子実体は、胞子を作って放出し、繁殖を担う部分で、傘の裏側のひだに胞子を作ります。

シイタケで、擬似確認してみましょうか。こちらなら、冷蔵庫にありますね?
ひっくりかえすと・・・アコーディオンのじゃばらみたいになってまして、その間から、胞子をばらまきます。


その名の通り、主にアカマツ林で多く見られるキノコですが、どうして「高嶺の花」じゃない「高値のキノコ」になったのか・・・と申しますと、

「たくさん採れないから」ということに尽きるでしょう。

開発などでアカマツ林は減る一方、そして、人工栽培の方法がいまだに見つかっていません。

希少価値がさらに貴重さに拍車をかけているのです。


「香りマツタケ」の由来である魅力的な香りは「マツタケオール」という成分。

じつはこの成分、熟した枝豆(=大豆)にも、含まれているとのこと!

すなわち、日本人の味覚の原点、醤油・味噌に通じるモノがあり、いわばDNAにダイレクトに訴えかける香り、なワケなのですね。
(しかし欧米では正反対の受け取られ方。なんてったって「スカンク・マッシュルーム」ですもの!)

「秋の味覚」の王者の地位は、今後も揺るぎなさそうです。


管理人は「永○園のお吸い物」で、マツタケ気分を味わうことにいたします。

(いいじゃないの、幸せならば~)

誕生花の辞典:10月10日の誕生花は「マツタケ」

ピンクのコスモス☆10月9日(旧暦  9月13日)雨の石垣島。。。

気温28℃
湿度91%

今週は日・月と連休。。。
ちょっとノンビリ日曜です。。


午後から図書館にでも行こうと思っていたら、
雨が強くなって~

八重山の写真展も見たかったけれど、
8冊の本。。。
濡らせないので明日に延期(・_・ )=C(o_ _)o.....

ブログにも投稿。
手紙も書かなくては・・・

来春の俳画展の絵も・・・

ヤルこといっぱいの休日。

いい一日を

ヾヾ(*^▽^*)〃〃


10月9日の誕生花は「ピンクのコスモス」

花言葉は「少女の純潔」



コスモスと言えば・・・
やはりこの色でしょうか。
秋たけなわは、この花の盛りの季節でもあります。


キク科。一年草。

原産地は、中南米、アリゾナ州やメキシコ、ボリビアなど。
日本への渡来は、幕末から明治のはじめ。
明治12(1879)年に、東京美術学校(現・東京芸大)の教師ラグーザが、イタリアから種を持参したという記録があります。

その後、日露戦争後から全国に広まっていきました。
中南米原産といっても、高原地帯に分布していたので、日本の気候にもうまく適応していったようなのですね。


高さは、2~3メートルほど。
細い茎を、よく枝分かれさせます。

風に揺れる姿は、可憐で繊細ですが、根はしっかりとしていて、台風などで倒れても、すぐにすっくと立ち上げる強靱さも持ち合わせています。

花期は、7~11月。

直径6~10センチくらいの花を咲かせます。
花色は、ピンクのほか、赤、白、黄色や覆輪など、バラエティーに富んだ改良種が作り出されています。


もともとは、「短日性」= 日照時間が短くなるのを察知して開花する性質・・・なのですが、

日の長さに関係なく開花する品種も出てきました。
よって、春や夏にも出回ることがあるようですが、
なんてったって、「この花は秋の花」ですよね~。

ちなみに、
「コスモス」とは、ギリシャ語で「宇宙」「調和」の意味がありますが、「飾り」「美しい」といった意味もあって、いずれもこの花の魅力を的確に表現していると言えるでしょう。


「乙女の純潔」・・・、

「すっかり過去のものに」とお嘆きの声も聞こえてきそうですが、
電車の中でお化粧をする女子学生だって、必ずや、清らかな心の持ち合わせは、あるハズなのです。


誕生花の辞典:10月9日の誕生花は「ピンクのコスモス」




10月4日(旧暦  9月 8日)◎上弦の月◎

昨日から大雨の石垣島~

大雨洪水警報が発令され、
西表島上原で1時間あたり94.5ミリ(3日午後5時7分)、
石垣島地方気象台観測史上最大の雨を観測しました。

竜巻注意報も出ていました。

空の便、離島航路も乱れました。

今日4日も
大雨波浪注意報
午後は強い雨が降る予報。

今日も楽しく頑張りましょう~(⌒∇⌒*)ゞえへっ♪

いい一日を




プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR