FC2ブログ

クロタネソウ3月31日(旧暦  2月16日)

今朝は元気なニワトリ君の声が~
コケコッコーーーーヾ(・◇・)ノ

曇り、
22℃の石垣島~

そろそろo(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!

3月31日の誕生花は「クロタネソウ」

花言葉は「とまどい」


「実」中に黒い種が見えます。


画像は↓さんから戴きました。
http://www.hana300.com/nigera1.html

「黒種草」の名の通り、
花の後には、黒い種の入った実をつけます。

花の下にある、レースのような部分は、
萼が変化した「苞(ほう)」。

花びらの様に見えるのも、萼です。


キンポウゲ科。一年草。

地中海沿岸が原産地。10数種が分布しています。

日本には、江戸時代末に渡来したとされます。

草丈は、30~80センチ。

花期は、4~7月。
露地ものは5月下旬ごろから開花するようです。

原種は5弁花ですが、園芸品種は八重咲きが主流。

花色は、青、紫、ピンク、白。

花はもちろん、実も風船のようにふくらんで面白い形になって、ドライフラワーにも利用されます。


実の中の黒い種には、スパイシーな香りがあり、

特に「ニゲラ・サティヴァ」という種類は、
ヨーロッパでは、コショウがもたらされるまで、重要なスパイスとして使われていました。

現在も、インドやギリシャ、アラビアなどでは、肉料理やカレーに使われているようです。


英名は「ラブ イン ア ミスト(霧の中の恋人)」。
なんだか「GS(グループサウンズ)」の曲名みたいですが^^;
(タイガース? オックス?)

確かに、霞の中に咲いた花のような雰囲気で、独特のオーラがあります。


http://www.366flower.net/2006/03/post_191.html
誕生花の辞典:3月31日の誕生花は「クロタネソウ」から
スポンサーサイト



雪の中のライオン((=°Å°=))旭山動物園★北海道の思い出(2010年2月8日~11日)

雪の上に板を置いてもらって少しでも暖かく、

雄ライオンの「ライラ」は、その上に寝そべったり、立ったり。

氷点下の気温の中では、寒いだろうな~



旭山動物園にいるオスの「ライラ」はとっても立派なオスです。
たてがみもきれいで迫力があります。

また、こども達にはいっさい手を出すことはありません。

人間社会の子供虐待。
考えさせられます。。。。。



石垣島に飛鳥Ⅱが来ているよ♪


2010年3月27日

石垣港フェリーターミナルに接岸してる飛鳥Ⅱ
☆遠くに見える右端のチッチャナ船(離島桟橋から)


海の向こうに見えるのは竹富島で~す
(^^ゞ

28日午後5時、出港します~~

ヒアシンス3月27日(旧暦  2月12日)

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪
朝7時の石垣島は、18℃。
雲の間から、太陽が少し顔をのぞかせてます。

今日も一日(@^∇゚)/ファイトォ♪


3月27日の誕生花は「ヒアシンス」

花言葉は「スポーツ」


1月26日で「白いヒアシンス」をご紹介しましたが、
今日は「ヒアシンス全般」。

この時期は最盛期で、

ショップでも、花壇でも、はたまた水栽培などでも、
目にすることができます。

様々な色がありますので、一堂にご覧いただける写真を
ご用意いたしました!


ユリ科。球根植物。

地中海沿岸が原産地。

古くから栽培され、園芸品種の改良は16世紀ごろからはじまったようです。

日本には、1863年に、フランスからチューリップと共に渡来しました。


現在主流の種類の草丈は、25センチほど。(ダッチ・ヒアシンス系・・・オランダで改良されたもの)

全体的に小型の「ローマン系」も栽培されています。


花期は、3月~4月にかけて。

野生種の花色は青紫ですが、園芸種は、赤・ピンク・白・黄色などカラフルです。


一般に、ひとつの種類で「赤・青・黄」の3原色がそろう花は、めったにないそうです。

確かに・・・
バラやチューリップ、カーネーションには「青」がありません。

しかし、ヒアシンスは、3原色がほぼ揃います。(しかも「黒」まで作り出されたことは、1月26日のページでお話しましたね)

これは、結構すごいこと。

いろいろな色と香りが楽しめますので、何色か寄せ植えにしても楽しいですよね。


花が終わった後は、葉が黄変しはじめたころを見計らって、掘りあげます。大体、6月ごろでしょうか。

葉をつけたまま日陰で干しましょう。

葉を取るのは、完全に枯れてからで大丈夫です。葉が枯れるまで土に植えたままにしておくと、球根に病気が入りやすくなってしまうので、早めに掘りあげるのがいいようです。

そして、10~11月中旬ごろまでに植えつけます。


「スポーツ」という花言葉は、ギリシャ神話のこの花の伝説にもとづいています。

この花を自らの血で生みだすことになった美少年・ヒアキントスは、太陽神アポロンと「円盤投げ」・・・

「スポーツ」を行っていたのですね。

力強く、時には華麗な選手たちのパフォーマンスは、神話の昔から、人間を魅了してやまないものの一つです。


この花の「みどころ」&「開運ポイント」

高めたい運気に合わせて、色を選んでみましょう。

黄色・・・金運
ピンク・・・恋愛、結婚運
青紫・・・仕事運
赤・・・健康運

それぞれに「白」を加えると、よりいっそうパワーを高めてくれます。

http://www.366flower.net/2006/03/post_187.html
誕生花の辞典:3月27日の誕生花は「ヒアシンス」から

旭山動物園アムールトラの「のん」☆北海道の思い出(2010年2月8日~11日)

今年の干支であるアムールトラの「のん」




虎の檻の前はすいていたので、

ただ行ったり来たりするのを、

ゆっくり見ていると、


突然「のん」が、
猫が戯れているように、
嬉しそうな顔で、
走り出した。。。

ド、ド、どうしたの???


後ろを見ると、飼育係のおじさんが檻の周りを走ってました。

それに会わせて
トラの「のん」君、
子猫のように、
目を輝かせて、
走っていた~~~



旭山動物園のサービス精神を見た!

3月24日(旧暦  2月 9日)久しぶりに一日中晴の石垣島~

最高気温は27℃

朝からリハビリに

病院まで30分歩くと、
いい汗が。。。



今週は両手で顔が洗えるようになってま~す。
(*⌒ー⌒)にこっ♪

帰りは、新川川沿いを歩いて・・・

紋黄蝶がいっぱい飛んでいたり、
淡雪センダン草も白い花を咲かせ、
クサゼミも鳴いていて・・・

楽しい散歩でした。。。



アワユキセンダングサ(淡雪栴檀草)



ヒマラヤユキノシタ3月23日(旧暦  2月 8日)

上弦の月(宵月)(小潮)

上弦とは  半月。月と太陽の黄経差が90°となる日。


三日続きで黄砂の石垣島
南風に期待、
早くオサマって欲しいもの~http://i.yimg.jp/images/weather/blogparts/yj_weather.swf?mapc=47

いい一日を~

3月23日の誕生花は「ヒマラヤユキノシタ」

花言葉は「順応」


「高山植物かいな?」と思わせる名前ですが、

「この花か~、見たことある」
「あ~、これ、うちの庭にあるよ」

・・・てな方、結構いらっしゃるのでは?

かく言う管理人も、「見たことあるわ」派でございます。


ユキノシタ科。常緑多年草。

原産地は、アフガニスタンやチベット、ヒマラヤ地方はじめ、東アジア一帯。

日本には、明治時代はじめに渡来したとされています。


高さは、20~40センチ。

花期は、2~5月にかけて。1.5センチほどの小花を、密集させて咲かせます。

花色は、咲き初めは白っぽく、次第に淡いピンク色に変化していきます。

冬から晩春にかけて、次々と花をつけてくれます。


葉は一年中、常緑でつやがあり、「オオイワウチワ(大岩団扇)」の別名どおり、「うちわ」や「しゃもじ」に似ていて、りっぱです。


「高山植物」出身、というと、栽培が難しそう・・・というイメージですが、

あに図らんや。

とっても丈夫。

日なたでも日陰でも大丈夫で、寒さはもちろん、暑さもどんとこい。土質も選びません。

過湿さえちょっと気をつければ、一年を通して花も葉も楽しめます。


全草に、「タンニン」を含んでいて、ロシアでは仲間の「シベリアユキノシタ」の根からとれる「タンニン」を、
革をなめすのに利用するそうです。


「順応」という花言葉は、遠くヒマラヤからやって来て、日本の風土にとけ込み、一年中花と緑で、目を楽しませてくれる健気な姿を表しています。

環境に順応する力も、才能のひとつかもしれません・・・。


この花の「みどころ」&「開運ポイント」

咲き始めは淡いピンクですが、だんだん濃いピンクになっていきます。花期が長く、一本お庭に植えておくと楽しめます。

コンパクトな鉢植えも出回っています。

ピンクは対人運をアップさせる作用を持ち、この植物の特性も、環境になじむ強さ。

「どうも周囲をしっくりいかない」という方、この花のパワーを分けてもらいましょう。

http://www.366flower.net/2006/03/post_165.html
3月23日の誕生花は「ヒマラヤユキノシタ」さんから戴きました。

今朝(3月2 0日)は朝 Mac


J航空の飛行機にQUICKで乗るとついてる無料券

朝マックは10:30までなので
朝から来てみました~

出かける前に、蜂蜜入り苺ヨーグルトを作って、食べてきたので、

今朝はo(^o^)o

満足~

いい一日を
ヾ(^▽^)ノ

シダレザクラ3月19日の誕生花☆26℃はれの石垣島~

今夜の石垣島は星がキラキラ瞬いて、いい風が~~http://i.yimg.jp/images/weather/blogparts/yj_weather.swf?mapc=47


気持ちのいい夜です。


京都円山公園のシダレザクラ、、、

まだ少し早いかな?

と思いつつ・・・



3月19日の誕生花は「シダレザクラ」

花言葉は「優美」



ソメイヨシノに比べると、枝が細く、柳のような印象も。

「イトザクラ(糸桜)」という別名は、その枝ぶりをよく表していますね。

「天然記念物」に指定されているものも数多く、名木が各地にあります。樹齢が長くて、大木になるからなのでしょう。


バラ科。落葉高木。

日本をはじめとする北半球に分布しています。

日本には、多くの自生種が全国に分布しており、シダレザクラは、「エドヒガン(江戸彼岸)」の園芸品種。

京都で作り出されたようで、平安の昔から、庭木として愛でられてきました。

樹齢が長く、250年を越える木もあり、樹高も20メートルを超えます。


花期は、ソメイヨシノとほぼ同時期に咲く「早咲き」種と、それより2週間ほど遅れて咲く種とがあるようです。

花色は、淡いピンク。
さらに紅色がかった「ベニシダレ」、八重咲きの「ヤエベニシダレ」も、よく見られます。

ほかの種と比べて、花のつく枝が細いため枝垂れるようで、大木になると、支えが必要となるようです。

「優美」という花言葉は、風に揺れる優しげな雰囲気を、余すところなく表現していると言えましょう。

== この花の「みどころ」&「開運ポイント」 =

日本人とサクラとは、特別な結びつきがありますね。

風にゆれるシダレザクラは、良い変化の気を、枝から振りまいてくれます。

木の下に立って、大きく伸びをしたり深呼吸をすることで、体調も整ってくることでしょう。

http://www.366flower.net/2006/03/post_179.html
誕生花の辞典:3月19日の誕生花は「シダレザクラ」

3月18日~昨日見つけた!ルリハコベ石垣島☆★☆

★ルリハコベ☆見い~つけた(^―^) ニコリ♪


病院から肘のリハビリの帰り道~

登野城小学校の北の駐車場

今日の句会の兼題です。





小空の一句

踏まれても愚痴も言わずにルリハコベ


お粗末、\(__ ) はんせぃ
プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR