FC2ブログ

敏夫の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

112 初寅会 初寅の神酒の力身に受くる 敏夫




113 冬の月 生かされて無欲とならん冬の月 敏夫 




114 初護摩 初護摩の法螺の音響く地底より 敏夫 



スポンサーサイト



シュウメイギク・9月30日(旧暦  8月12日)

9月30日、台風16・17・18号が発生しています。



3つの台風が・・・

石垣市・竹富町では雷・波浪注意報

愚図ついた天気が続いています。。。

何となく鬱陶しい~感じ~~

でも、元気出していこうね
ヾ(⌒□⌒ )ノ彡



台風16号
2009年9月29日16時30分発表 大型で強い台風16号は、29日15時には南シナ海にあって、西南西へゆっくり進んでいます。中心気圧は 960hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。この台風は、30日15時にはベトナム付近へ達する見込みです。1日15時にはラオスで熱帯低気圧に変わる見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。

台風17号
2009年9月29日16時30分発表 台風17号は、29日15時にはカロリン諸島にあって、西へ毎時25kmで進んでいます。中心気圧は 994hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。この台風は、30日15時にはフィリピンの東へ達する見込みです。1日15時にはフィリピンの東へ達するでしょう。2日15時にはフィリピンの東へ達する見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。

台風18号
2009年9月29日22時30分発表 台風18号が、29日21時にマーシャル諸島で発生しました。西北西へ毎時30kmで進んでいます。中心気圧は 998hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。この台風は、30日21時にはマーシャル諸島付近へ達する見込みです。1日21時にはトラック島近海付近へ達するでしょう。2日21時にはトラック島近海付近へ達する見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。

次回の台風情報は、9月30日10時30分の予定です。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/typha.html?c=2




9月30日の誕生花は「シュウメイギク」

花言葉は「忍耐」


襲名菊」ではもちろんなく、

「秋明菊」(シュウメイギク) でございます。

しかし「キク」とは名ばかりで・・・
(この間も同じ口上ではじまったような?)


キンポウゲ科。多年草。

原産地は、中国の湖北省。

日本への渡来は、かなり古いと推察され、あちこちで野生化しているものも見られることから、「史前帰化植物」と見られているようです。


草丈は、50センチ~1メートルほど。

最近では、鉢植え用の小型種(矮小種)のほか、交配・改良された品種が出回っています。


花期は、9~10月にかけて。

直径5~7センチほどの花を、枝分かれした茎の先に1輪ずつ咲かせます。

秋風に揺れる姿は、コスモスをさらにシンプルにした感じで、なかなかの風情。


花色は白、ピンク、紅紫など。一重咲きと八重咲きがあります。


「キンポウゲ科」のお約束(!?)、

花びらに見えるのは「萼(がく)」で、植物学上の「花びら」は、ありません。


別名がいくつありまして・・・

英名では「ジャパニーズ・アネモネ」。
・・・確かに「和風アネモネ」という趣。

イギリスではかなり人気の高い花なんだそうです。

皇太子殿下もご遊学あそばしていた、「オックスフォード大学」の植物園の、いちばん目につく正面入口付近に植えられていたとか。


よく生えていた京都の地名にちなんだ「キブネギク(貴船菊)」。

「アキボタン(秋牡丹)」なんてのも。


どこか幸薄そうにも見えますが、性質はなかなか丈夫。

きゃしゃな外見をもつほど「忍耐」強かったりするのは、人間にも、あてはまるかしらん・・・?

http://www.366flower.net/2006/09/post_364.html
誕生花の辞典:9月30日の誕生花は「「シュウメイギク」から


きれいなシュウメイギクの写真が見られますよ~
(*⌒ー⌒)にこっ♪
『秋明菊 (しゅうめいぎく) 写真集』
http://www.hana300.com/syumei1.html

ゲッカビジン・9月29日(旧暦  8月11日)

最高気温30℃、
湿度90%、
東南東の風8メートル。

雨が降っているのに暑い一日。

台風17号が発生。
まだフィリピンの東ですが、
沖縄方面は注意が必要かも・・・

9月29日の誕生花は「ゲッカビジン」

花言葉は「はかない美」


「月下美人」そのままに、
夜開くのは、美しくかぐわしい大輪の花。

「開花がローカル新聞の記事になる率」
わりと高めの花、ではありますまいか?


サボテン科。多年草。

メキシコ~ブラジルの中南米が原産地。

「着生サボテン」のひとつで、森林の樹木や岩にくっついて生息しています。

日本への渡来は、昭和のはじめ。

草丈は、2~3メートルにもなります。

まぁ、鉢植えがほとんどですので、そんなに大きく仕立てられませんけども。


葉のように見えるのは、茎。

茎が変化したもので、「茎節(けいせつ)」または「葉状茎(ようじょうけい)」と呼ばれます。


花期は、7~11月にかけて。

直径20~30センチにもなる、アイボリーホワイトの大輪の花を咲かせるのは、夜。

辺りが暗くなってから開き、真夜中過ぎには、閉じてしまいます。

わずか数時間の「花の命」ですが、気温が低いと、明け方まで開いていることもあるようですね。

まさに「月下の美人」。


じつは、この名前、「昭和天皇」にゆかりがあるんですって!
(いまの天皇陛下のお父様、ですね)

皇太子だった大正12年、台湾を訪れた際に、この花に目を留められました。

そして、付き添っていた総督に名前をお尋ねになり・・・

総督は知って知らずか(たぶん正式名称は知らなかったんでしょうね)、とっさに「月下の美人」と答えたそうな。

それ以降、この詩的な名前が定着した、とされています。


この総督「田健次郎(でん・けんじろう)」さんというそうですが、
(ニュースキャスターから国会議員になった、 「田英夫」議員のおじいさん)

かなりのネーミングセンスじゃ、あ~りませんか!?

なかなかとっさに出てきませんよね。

もともとこの方も花が好きで、この花を見ては「月下の美人のようだわい」と思っていたのかしら?


「はかない美」を、見事に名前にしてくださった、総督に感謝。

http://www.366flower.net/2006/09/post_363.html
誕生花の辞典:9月29日の誕生花は「ゲッカビジン」

香住の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

110 春遅し 春遅し日が滑り込む峡の村 香住




111 春灯 格子戸は宿場の名残り春灯 香住 



「ダンギク」9月28日(旧暦  8月10日)

今日も最高気温33℃、

曇ってますが・・・
暑~い。。。石垣島です~フ【~⌒(ゥ)⌒~】

元気だしていこう!!!


9月28日の誕生花は「ダンギク」

花言葉は「忘れ得ぬ思い」


「段菊」と書きます。

その名の通り、段々に花を咲かせるお方。

とはいえ「菊」とは名ばかりで・・・
(どっちなんじゃい!?)

クマツヅラ科。多年草。

原産地は、中国・台湾・朝鮮半島や日本南部にかけての東アジア一帯です。

日本では、おもに九州に自生がみられ、江戸時代には、茶花・園芸用として栽培されていたようです。

花を段状に咲かせ、葉が菊に似ているところから、この名前になりました。


草丈は、30~60センチほど。

花期は、9~10月です。

葉の付け根ごとに、茎を取り囲むように咲く小花が密集。
「ほわほわ」っとした印象です。

花色は、青紫のほか、白やピンクもあります。

http://www.366flower.net/2006/09/post_362.html"; target="_blank">誕生花の辞典:9月28日の誕生花は「ダンギク」

笑子の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

108 松葉蟹 リヤカーを曵いてばさまの息白し 笑子




109 赤とんぼ 低飛行すれば親しき赤とんぼ 笑子 



コスモス☆9月27日(旧暦  8月 9日)

雷が鳴ってきた~

急遽、中断。。。します。。



_(. ・)θ☆()キーック ☆○(゜ο゜)o。。。

少し暴れて、何処かに行ったような???
30℃、湿度94%の石垣島。

八重山は雷・波浪注意報が出ています。










9月27日の誕生花「コスモス」

花言葉は「乙女の真心」


別名「あきざくら(秋桜)」。
秋を代表する可憐な花です。
どなたも、一度は目にしたことがおありでしょう。

丈夫で、栽培が容易なため、群生地を作って「地域おこし」の目玉にするところも増えているようです。

小さな子に「お花を描いてごらんなさい」と言うと、こんな感じに描いてくれる子、多いですよね。
まさに、花らしいお花。

「宇宙」という意味も持つ「コスモス」の名前通り、調和のとれた、非の打ち所のない自然の造形です。

キク科・一年草。  
園芸交配種で、メキシコが原産とされています。
草丈は、品種によって差がありますが、50センチ~2メートルほど。

花色は豊富で、桃色、白、紅、赤、黄など。茶色の品種もあります。


「チョコレートコスモス」と言って、色はもちろん、香りもココアっぽい!驚きです。


画像はコスモス写真集さんから
http://www.hana300.com/cosmos1.html

意外に思われるかもしれませんが、
実は、肥料分の少ない「やせた土」の方が生育に適しているんです。

茎も葉も繊細な感じですが、生命力の強さはかなりのもの。

可憐な乙女も、芯はとっても強靱なのでしょう・・・・。

http://www.366flower.net/2005/12/post_15.html
誕生花の辞典:9月27日の誕生花「コスモス」

ユキ子の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

107 キャッチボール 父と児のキャッチボールや草萌ゆる ユキ子



9月26日(旧暦  8月 8日)

晴れ、32℃、東北東の風8メートル。


午前中、『そらの学校』へ

石垣島地方気象台に集合。

岩崎卓爾(たくじ)さんの胸像の前で校長の正木譲さんのお話。


戦争中に気象台が爆撃されたこと。
卓爾さんの胸にも2発の貫通銃創があり、
補修されていました。

クーラーの効いた部屋で、
気象台長の金子さんや次長の比嘉さんから
石垣島地方気象台の歴史と現代の気象観測の話などを聞く。

その後、気象台の屋上に上って
『空を見上げ、雲の観察』
我家の方向や、


海の方を見る。


昔はリーフや西表島まで、ず~と見えたそうな。。。

今度は『宇宙の学校』
お月見会をやるそうです。

9月26日の誕生花は「キクイモ」

花言葉は「陰徳」


菊芋」と書きます。

花がキクに似ていて、

イモ状の根(というか・・・ショウガっぽい)を持つことから、
この名前になったようです。


じつは健康効果が・・・!

「黒ウーロン茶」の次に、
来るか? 「キクイモ」ブーム!?


キク科。多年草。

原産地は、北アメリカ北部。カナダ東部からアメリカの東北部にかけてとされています。

アメリカ先住民が食料としていました。

日本への渡来は、江戸時代の末。
食用や家畜の資料用として、導入されたようです。

地下の「塊茎(イモですな)」をどんどん殖やしてたくましくはびこる性質で、各地ですっかり野生化しています。


草丈は、2メートルほど。

花期は、9~10月にかけて。

直径7センチほどの黄色い花を、よく枝分かれする茎の先に咲かせます。

「姫ヒマワリ」にも似たかわいらしい花で、切り花にしても、じゅうぶんな見応え。


食用として本格的に利用されたのは、戦中・戦後の一時期だけのことだったようで、現在では、岐阜県や宮城県など、一部の地域で「郷土食」扱いとなっている程度。


あく抜きの手間がかかる、
それ自体には味がないので、
(食感はサクサク、ちょっとゴボウのようだとか)

ほかの美味しい食材の陰にかすんでしまった・・・ようです。


しかし! 

糖尿病や肥満、高コレステロール症など、いわゆる「生活習慣病」に効果あり!・・・として、サプリメントの原料となっているんです。


「イヌリン」という「難消化性」の成分を多く含み、脂肪や糖分の過剰吸収を抑える働きがあるとか。

腸内で、植物繊維・オリゴ糖とよく似た働きをするので、整腸作用や便秘の解消にもよいとされています。

キクイモの地下茎は、「イヌリン」含有量がなんと10%以上!

これは、業界トップクラス!

(表現の方向性、違ってないか?)


・・・さておき、食品としては長く忘れられていた存在でしたが、最近の健康ブームで、にわかに復活の兆しが。


いや~、何がキッカケでブレイクするか、わかりませんな~。

「陰なる徳」も、きっと日の目を浴びるのさと、改めて信じさせてくれるかのように、
秋の日を浴び、花咲くのであります。

知らなかった(*δ.δ)~小空


http://www.366flower.net/2006/09/post_360.html
誕生花の辞典:9月26日の誕生花は「キクイモ」

ハギ・9月25日(旧暦  8月 7日)

今朝は、日影のあるうちにと、朝から外出。

日傘をさして、建物の影づたいに・・・・・

でも汗びっしょりに。。。

32℃、太陽いっぱいの石垣島から
。。εε(・_・)ゞ あつおすぅ~。



9月25日の誕生花「ハギ」

花言葉は「思案」


漢字は「萩」。

秋の「七草」のひとつですが、草ではなく、落葉低木です。
一般的には「ヤマハギ(山萩)」のことを指します。

マメ科。 落葉低木。  
ヤマハギは日本全国で見ることができ、高さおよそ2メートルほどになります。
花色は、紅紫色。
「シロバナハギ」は白い花をつけます。

「ミヤギノハギ(宮城野萩)」は枝が長く、花が咲くと美しく枝垂れます。
「ヤマハギ」の枝はあまり枝垂れません。

神社・仏閣、庭園などを彩る、秋には欠かせない花の一つでしょう。

日本の秋の野山を代表する植物として、古くより親しまれてきました。
万葉集の中でハギを詠み込んだ歌は142首で、最大数。

風に揺れる繊細な枝の様子が、秋に物思う雰囲気をかもし出します。

http://www.366flower.net/2005/12/post_10.html
誕生花の辞典:9月25日の誕生花「ハギ」から
プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR