FC2ブログ

カボチャ◎7月31日(旧暦  6月10日)

昨日も今日も明日も、
太陽と星マーク~
晴の石垣島。

33℃、
北東から東北東の風5メートル
アカティダ(ギラギラとした炎のような太陽)が照りつけてる朝~


8月の現代俳画展の締め切りが迫って、四苦八苦。。。
コメの返事や訪問できなくて、ごめんなさい。。

7月31日の誕生花は「カボチャ」

花言葉は「大きさ」


「南瓜」と書きます。

ビタミンを豊富に含む、健康野菜。

バーベキュー、焼き肉の「野菜焼き」には、
欠かせません!


ウリ科。一年草。

原産地は、中央アメリカから南アメリカの高原地帯。

コロンブスがヨーロッパに伝え、その後、世界に伝播していきました。

日本への渡来は、16世紀中ごろに、現在の熊本県に漂着したポルトガル船が伝えたのが最初とされています。

「カボチャ」の語源は「カンボジア」。
ポルトガル船が積んでいたのが、カンボジア産のカボチャ、だったことから。


花期、6~8月。
直径15センチほどもある、黄色の5弁花を咲かせます。

収穫期は、夏。
7月から9月にかけて、ごろごろとりっぱな実をつけます。

つるがカサカサになるくらいまで、「完熟」させたほうが、甘みがのるとのこと。

丸ごとだったら、涼しいところでの常温保存が可能。

かえってちょっと置いたほうが、おいしくなるようです。

収穫期が夏なのに、「冬至」に食べる、ということは、それだけ貯蔵性が高い、ということの証明でもありますね。


日本で栽培されているカボチャは、3タイプに大別されます。

日本カボチャ ・・・ 一番古く伝来。
           実がしまっていて、ダシで煮含める和食向き。

西洋カボチャ ・・・ 一番メジャー。甘くてホクホク。
           「えびすカボチャ」。

ペポカボチャ ・・・ 観賞用(ハロウィンのちょうちん)。
           ズッキーニも、このグループ。
           「大きさくらべ」に登場するのも、こちらから。

ズッキーニは、1980年代から普及しはじめた、とても新しい品種。

イタリアンブームで、急速に普及しました。
(「きゅうり」っぽいですが、カボチャなんですな)


お料理に、お菓子に、大人も子どもも楽しく美味しく食べて、身も心も「大き」くなりましょう!


http://www.366flower.net/2006/07/post_308.html
誕生花の辞典:7月31日の誕生花は「カボチャ」より
スポンサーサイト



鳩邨の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

75 裸僧 曇天に梅花あふげば頬ひゆる 鳩邨



ニチニチソウ☆7月30日(旧暦  6月 9日)

晴れ~
34℃予報~
東風2メートル~

とっても暑いです。。。ヽ(~-~(_)ゝ

朝のうちに一仕事、
元気だしていこう!

o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!


7月30日の誕生花は「ニチニチソウ」

花言葉は「楽しい思い出」


「日日草」と書きます。

毎日、次々に花を咲かせることから、
この名前になりました。

丈夫で育てやすく、
大気汚染などにも強いことから、

町なかの花壇にもよく利用されているようですね。


キョウチクトウ科。一年草。

自生地では多年草ですが、耐寒性に乏しいため、日本では一年草扱いです。

石垣島では年中咲いていますよ~

原産地は、マダカスカル島、インド洋の島々、ジャワ島など。

日本への渡来は、江戸時代中ごろ、1780年代とされています。


草丈は、30~50センチ。

花期は結構長くて、5月~10月にかけて。
直径3~4センチほどの5弁花を咲かせます。

大輪化させる方向で、改良が進んでいるようです。


実際のところは「一日花(一日でしぼむ)」ではなく、1輪が3~5日もつようですが、「毎日咲きかわるように見える」ほど花付きがよい、ということなんでしょうね。

花色は、紅色、白、ピンク、赤紫、複色など。

「町の空気」にもよくなじみ、今や、夏の「都市緑化」には欠かせないお方。


そして・・・

「キョウチクトウ科」と聞いて、ピンときたあなたは、なかなかの「植物通」。

そう、アルカロイド系の「薬毒物」が、含まれています。

マダガスカルはじめ原産諸国では、もともと「薬用植物」として利用しており、

園芸植物として、花の観賞を主な目的としているのは後から伝播した国、ということのようです。

そんなことも踏まえて研究が進み、1958年に「抗白血病作用」がある成分が発見され、その後、抗ガン剤の原料として活用されています。

ただし、副作用が強烈なので、素人判断での使用は「厳禁」でございます。


薬物利用の方は、専門家の研究にお任せするとして、美しい花を夏の間鑑賞して、「楽しい思い出」を作ることにいたしましょう!

http://www.366flower.net/2006/07/post_307.html
誕生花の辞典:7月30日の誕生花は「ニチニチソウ」から

朝の虹~7月29日(旧暦  6月 8日)

b(⌒0⌒)d おっ \(⌒□⌒)/ はぁ♪
南西の空に虹~石垣島午前6時30分。


今日は何かいいことあるかな(*⌒ー⌒)にこっ♪

7月29日の誕生花は「サボテン」

花言葉は「熱情」


暑さや乾燥にめっぽう強い植物の代名詞。

漢字では「仙人掌」「覇王樹」と書きます。

いろいろな形状があって、
なかなか、一括りにしづらいのですが、

美しい花を咲かせるものが、園芸用として身近な存在です。


サボテン科。多年草。

南北アメリカに広く分布し、とくにメキシコに多くがみられ、種類は8000とも1万とも言われています。


起源もとても古く、北アメリカで発見された化石は、恐竜時代のものと推定されているとか。


日本への渡来は、300年ほど前の江戸時代、今で言う「ウチワサボテン」が長崎にやってきたのが事始め、とされているようですが、正確には判明していないようです。

はじめて文献に採り上げたのは、昨日の「オシロイバナ」と同じ「貝原益軒」。

17世紀後半の書物「和爾雅(わじが)」という本で、「覇王樹(はおうじゅ)」の表記を使っています。

・・・なんか、強そうっすね~・・・。


姿形も多種多様。

数センチのかわいらしい物から、高さ10メートル以上になるものまで。

茎が水分を蓄えられる多肉質になっており、葉は退化して、針状になっていたりします。

花期は、おもに春。

美しい光沢をもつ花は、赤・ピンク・白・オレンジなどカラフルです。


園芸上のその他のうんちくは、このサイト(SaboSabo.com)をご覧下さい!
抱腹絶倒の語り口の、おもしろおかしく詳しい解説です。


おもしろついでに、後半は映画「サボテン・ブラザース」のお話にシフト!
(かなり強引ですが^^;)

1986年の作品。

「ピンク・パンサー」「花嫁のパパ」などでおなじみの演技派、スティーブ・マーティンが総指揮&主演、

監督は、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のビデオクリップを手がけた、ジョン・ランディスです。

かの「プラトーン」と同時上映だった所もあるという、伝説の「ハチャメチャ西部劇」。
(冷静に考えると、「いいんかい!」という組み合わせ・・・)

管理人は、みうらじゅんさんが「この映画はいい!」と大絶賛していたのがずっと気にかかっていて、鑑賞の機会をうかがっていた矢先に、TV放映されたのをすかさずチェック。

いやはや、笑わせていただきました・・・。

カン違いに次ぐカン違いが重なって巻き起こるドタバタは、痛快そのもの。

間違いなく、スカッとできますよ。

「人生をエネルギッシュに楽しもう」という、「熱情」を、思い起こさせてくれる作品です!

(お後がよろしいようで~・・・)

http://www.366flower.net/2006/07/post_306.html
誕生花の辞典:7月29日の誕生花は「サボテン」から



映画「サボテン・ブラザース」

お楽しみくださいませ。

Three Amigos

和美の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

74 阿波の國 阿波の國跳ねる男の背に団扇 和美



オシロイバナ・7月28日(旧暦  6月 7日)

一日晴れ~の石垣島

32℃、南風~

入道雲も刻々と姿をかえ、

暑~い一日で し た。。。

7月28日の誕生花は「オシロイバナ」

花言葉は「内気」


タネの中に詰まっている白い粉が、
まるで「おしろい」のようだというのが、
名前の由来。

花にも、ほんのりとした香りがあります。

日中の日差しを避けるように、夕方から開花します。


世界各国で、いろいろな名前がつけられている花で、
「ふむふむ」と思うものばかり。


オシロイバナ科。一年草または多年草。

本来は多年草ですが、日本の園芸上では「春まき一年草」として扱われます。

しかし、根が太く、繁殖力がとても強いので、野生化しているものもみられるようです。


原産地は、メキシコ・ペルーなど、熱帯~南アメリカ。

日本への渡来は、江戸時代はじめごろ。

元禄時代(17世紀後半)の文献に、貝原益軒が採り上げています。


草丈は、80センチ~1メートルほど。

たくさん枝分れして、こんもりした姿になり、けっこう「木っぽい」感じ。

花期は、7~10月にかけて。
直径3センチくらいの、ラッパ状の花を咲かせます。

花びらに見えるのは、萼。
タネを包むのは、葉が変化した「苞」です。

花色(萼色・・・)は、白、黄、ピンク、赤、オレンジ、紅色、絞りなど。

ダーツの的のように放射状に違う色が入る、おシャレなツートンカラーもあります。


さまざまな「別名」、怒濤のラインナップは・・・

別名その1「夕化粧」

夕方開花することと、タネの「おしろい」とを架けたもの。「金化粧」「銀化粧」とも呼ばれ、俳句の季語にもなっています。


別名その2「午後の美人」

フランスでの呼び名。これは、「その1」と同じですね。


別名その3「吃飯花」

中国での呼び名。ちょうど「夕ご飯の時間」に咲くから、なんでしょうね!


別名その4「Four-o’clock(午後4時)」

イギリスでの呼び名。ちょうどこの頃から咲き始めることから。
翌朝の午前中にはしぼみます。


別名その5「marvel of Peru(ペルーの驚異)」

こちらも英名。
「ペルーから来た植物」として扱われてます。

ひと株に違う色の花を咲かせることから。しかも「柄物」と「無地」も同居しております。

「これは一体どういうこっちゃ?」と感じるのも無理はありません。

花色を司る遺伝子が、とっても身軽というか、遊び心まんさいというか、どんどんと変異するらしいのですね。その変わり身の見事さから、遺伝の研究にも使われているようです。

次々と姿を変えて、昆虫を引きつけるためではないかと考えられています。

変化の激しい現代社会に、ピッタリではあ~りませんか!


いわゆる一般的な「内気」のイメージとは異なる、アバンギャルドな一面も、持っているようです。

あっぱれ。

"http://www.366flower.net/2006/07/post_305.html
誕生花の辞典:7月28日の誕生花は「オシロイバナ」から

マツバボタン☆7月27日(旧暦  6月 6日)

石垣島は晴~
32℃
湿度80%~

午後2時、住宅街は静かです。

夕方になるまで、ひと休み。。。。。


7月27日の誕生花は「マツバボタン」

花言葉は「可憐」


葉が松葉に、花がボタンに似ているところから、
「松葉牡丹」となりました。

まったく納得、の姿。

夏の日差しにめげるどころか、
ギンギンギラギラ大好きっ子(!?)で、

「日照り草(ヒデリグサ)」の別名もあります。

その秘密は、下段で。


スベリヒユ科。多年草。

ブラジル原産です。

日本への渡来は、江戸時代の末、万延元(1860)年 に、使節がアメリカからタネを持ち帰ったのが最初とされています。


草丈は、10~15センチほど。

ほふく性があり、夏花壇のグラウンドカバーに最適。

花期は、7~10月にかけて。
直径2~5センチほどの1日花を次々に咲かせます。

日の出と共に開花し、お昼過ぎには閉じてしまいますが、品種改良によって、夕方まで咲き続けるものも多くなっています。

花色は多彩で、白、黄、ピンク、赤、オレンジ、紅色など。複色品種もあるようです。
中心の黄色い雄しべとのコントラストがきれい。


一重のほか、ほんとにボタンのミニチュア版の「八重咲き」も。

科が違うのに、花がソックリというのは、なかなかおもしろいですね。


炎天下をものともしない「打たれ強さ」には、じつは秘策がありました。

植物の葉には、体内の水分や空気の出し入れをする器官「気孔」があります。
(「秘孔」ではナイ)


・・・ここから先は、理科の「自由研究」っぽくなりますので、ご覚悟をっ! 
(・・・て、大したことありませんて)


植物は、体内の水分を気孔から発散させているのですが(これを「蒸散」といいます)、

気孔は「光合成」の必須アイテムなので、ふつう、開閉は光のある昼間に多く行われます。

しかしマツバボタンは、昼間は気孔を閉じて、多肉質の葉の内部に水分を溜めこみます。

「脱水症状」を防いでいるワケですな。


そして、気温の低くなる夜に気孔を開けて、二酸化炭素を取り込んでおいて、日中には気孔を開けずに光合成をするという、一般の植物とは、逆の行動を取っています。

これは、結構な「ウルトラC級」の技。

保水力は、サボテン並とも言われ、まさに「小さな巨人」。

「可憐」なマスクの下には、強靱な精神力(!?)が、ありました。

第一線で活躍する、アイドルのようにも、見えますか・・・。

http://www.366flower.net/2006/07/post_304.html
誕生花の辞典:7月27日の誕生花は「マツバボタン」から

にぎやかに『平得・前里豊年祭ムラプール』(石垣島)

旗頭






ガーリ




ツナヌミン




綱引き

始め!



東へ、西へ



勝負あり



今年は西が勝った~





農作物の豊作を神々に感謝し、来夏世(くなつゆ)の豊じょうと住民の無病息災を祈願する平得公民館(西表修館長)主催の「平得・真栄里豊年祭ムラプール」が25日午後5時から、大阿母御嶽前で行われた。

東西の旗頭が行き交う「ヤライ」と呼ばれる儀式に続き、
クバの扇を手にした神司たちによる世願いと巻踊りの後、平
得東と平得西、真栄里、JAおきなわ八重山地区、大浜中、平真小など9本の旗頭が奉納された。
 「道しゅない(道踊り)」が終わると、日が沈むころから、全員によるガーリツナヌミンで盛り上がり、フィナーレは地域住民や観客も参加しての綱引きで豊年祭を締めくくった。

八重山毎日新聞オンライン
http://www.y-mainichi.co.jp/news/14100/

由起子の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

73 雀の子 ハミングは童唄なり春うらら 由起子



インパチェンス・7月25日(旧暦  6月 4日)

石垣島は、29℃南の風10メートル~
久しぶりにしとしと雨の一日になりそうです。

波浪・高潮注意報。


大阪は天神祭でにぎやかでしょうね
"♪~""ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノ""~♪"
http://www.tenjinsan.com/tjm.html

7月25日の誕生花は「インパチェンス」

花言葉は「豊かさ」



「アフリカホウセンカ」という別名を持つ、
鮮やかな花。


いわゆる普通の「ホウセンカ」とは、
だいぶ印象が違いますが、

熟したタネをはじき飛ばすところは、同じです。


ツリフネソウ科。1年草・多年草。

原産地は、熱帯アフリカやニューギニア島。

日本への渡来はつい最近で(・・・「渡来」とは言えませんな)、

アフリカ産の1年草タイプは、1970年代に普及、

ニューギニア産の多年草タイプは、1960年ごろに高地で発見された原種が品種改良されたものが、1980年代に普及しました。


どちらも、品種改良によって、日本の気候に合うようになり、広まったようです。


草丈は、30~40センチほど。

花期は、5~10月にかけて。
直径5センチほどの花を咲かせます。

花色は、赤、ピンク、朱色、黄、白、紫などのほか、複色もあります。

豪華な八重咲きも作り出され、人気上昇中。その華やかさから「八重咲き」ならぬ「バラ咲き」と呼ばれているようです。

熱帯出身といっても、高地や高原なので、暑さは苦手。

しかも、日陰もあまり苦にしない性質なので、風通しと適度な保湿を心がければ、室内でも快適に過ごせる「お座敷なじみ」のよい花。

もともとの生育環境が、木の下、だったからなのですね。


時々戸外の空気にあててあげれば、春から秋にかけて、次々と花を咲かせてくれます。

さらに、「ニューギニア」タイプは、10度ほどあれば室内で冬越し可能。


日本での歴史はそれほどありませんが、持って生まれた「豊かさ」をふりまくニューフェイスとして、これからますます人気者になることでしょう。


http://www.366flower.net/2006/07/post_302.htm
誕生花の辞典:7月25日の誕生花は「インパチェンス」から転載しています。
プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR