FC2ブログ

美香の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

62 鬼はす 濃緑や雲中腹に比叡山 美香 



スポンサーサイト



ルピナス・5月31日晴はれハレ~雲一つない朝(*⌒∇⌒)ノやっぴ~♪

イシガキヒヨドリが、けたたましく鳴いています。


http://www.yachoo.org/Book/Show/468/isigakihiyodori/
画像は「オンライン野鳥図鑑」より
キィキイキー、ピーピーチョン、ピーィ。ピィピィッピィ、
ピーヨ、ピーヨ、ピーッ、ピーッ、ピーヨキュルキュルキュル・・・

鳴きながら、飛び回っています。

なにをしゃべっているんだろかな?


[上弦]半月。月と太陽の黄経差が90°となる日。
[麦秋至る]七十二候の一つ(24候)。

[旧暦  5月 8日]

5月31日の誕生花は「ルピナス」

花言葉は「貪欲」



日本名は「(ノボリフジ(昇り藤)」。

まさに言い得て妙のネーミングで、
大型タイプのこの花を見ると、

物の上下が逆さまの世界に迷い込んだかのような、
錯覚を覚えます・・・。


人類との関わりは意外と古く、古代ギリシャ時代から、食用・牧草・薬用などとして栽培されてきました。

血色を良くする、夫婦の愛情を高めるといった効能が信じられて、花が食べられていたようです。血行促進? 滋養強壮? ってなところでしょうか。


「ルピナス」の由来は、ラテン語の「オオカミ」を意味する言葉で、「オオカミのようにはびこる」ことから来ているとされていますが、日本の暑さはやや苦手。

乾燥気味の土地が原産のようで、高温多湿はお呼びでない、んでしょうね。

日光と、水はけの良い土壌を好みます。日本では、結構北海道と相性が良いようです。


「貪欲」とは一般にはあまり良い状況で使いにくい言葉ではありますが、空に向ってぐんぐん伸びる花穂は、たくましく美しいもの。

夢に向って突き進むときには、「貪欲」くらいの心意気も、必要です!

http://www.366flower.net/2006/05/post_250.html
誕生花の辞典:5月31日の誕生花は「ルピナス」

オリーブ・5月30日23℃湿度68%晴れ北風~(*^〇^*)ノ”

石垣島は今日も快晴~

平和を考える一日にしたい(=^・w・^=)ニャー~~~

ポール・モーリアの「オリーブの首飾り」


恋はみずいろ / オリーブの首飾り ポール・モーリア(Paul Mauriat)
恋はみずいろ
作詩:Pierre Courピエール・クール・訳詞:漣健児
作曲:Andre Poppアンドレ・ポップ

青い空が お陽さまにとける
白い波が 青い海にとける
青い空は 私の恋の色
青い海は あなたの愛の色
恋は水色 空と海の色

青い空が お陽さまにとける
白い波が 青い海にとける
青い海と 水色の空が
愛し合って ひとつに結ばれる
恋は水色 空と海の色

青い空は 私の恋の色
青い海は あなたの愛の色
青い海と 水色の空が
愛し合って ひとつに結ばれる
ひとつに結ばれる

平和を考える一日に(=^・w・^=)ニャー

[旧暦  5月 7日]

5月30日の誕生花は「オリーブ」

花言葉は「平和」
オリーブの花



オリーブオイルは、今や日本の食卓にも欠かせない存在ですね。

食べてよし、お肌に塗ってよし、の万能選手。

本日はポール・モーリアの「オリーブの首飾り」をBGMに、
軽快に参りましょう!


・・・ん? 手品がはじまるのかって?

モクセイ科。常緑高木。

原産地は、中東(現在のシリア付近)~地中海沿岸にかけてとされます。

日本には、安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって持ち込まれ、本格的な栽培がはじまったのは明治時代のこと。

瀬戸内海に浮かぶ香川県・小豆島の特産品として名高く、香川県の花と木に指定されています。


高さは、5~15メートルほど。

花期は、5月下旬~6月上旬にかけて。生成りっぽい感じの、クリーム色がかった小花を咲かせます。


その後10月ごろに、2センチほどの大きさの実がなり、およそ2ヶ月をかけてゆっくりと熟していきます。

成熟の度合いによって、加工方法も異なり、

「ピクルス」は10月ごろの若めの実(レア? いわば10代?)、



「塩漬け」は11月ごろのもの(ミディアム? 中年?)
「オイルの収穫」は12月の完熟のもの(ウェルダン? 熟年・・・?)


http://www.hana300.com/olive01.html
(写真はオリーブ写真集よりいただきました。)

・・・が使われます。


成長が早いうえに、樹齢も長く、なんと数百年から、上は数千年単位とも言われるそうなんですが、「天然記念物」ものですな~。

「縄文スギ」ならぬ「縄文オリーブ」・・てかぁ?

しかしそもそも諸外国には、長寿の木を、「記念物」などとして保護するとか、名物にするとかっていう文化はあるんでしょうかね。

今後の研究課題にしてみます。

ともあれ、人類との関わりは非常に古く、聖書やギリシャ神話における位置づけも特別なもの。

「ノアの箱船」伝説をはじめ、聖書にはとてもたくさん登場し、ギリシャ神話では、農業の女神アテナが作り出した植物とされています。

オリンピックの勇者に与えられる冠は、「月桂冠」ならぬ「オリーブ冠」。

第一回目のオリンピック開催地・アテネのシンボルは、この木だったからなんですね。


ヨーロッパでは、「油」といえば、オリーブ油のことを指すといっても過言ではないでしょう。

油といっても、正確には「果汁」なので、ビタミン・ミネラルが豊富でヘルシー。ポリフェノールやスクワレン、繊維質まで含まれています。(この辺の「健康成分」、すっかりおなじみになりましたね)


花言葉の「平和」は、ハトがオリーブの枝をくわえてノアの箱船に戻ってきたという聖書の故事にもとづいたもの。

オリーブオイルを使ったおいしいものを食べて、健康(と美しさ・・・)を手に入れて、毎日いきいき、周りの人にちょっと心を配る余裕を取り戻せれば、いつかは本当の「平和」がおとずれるかもしれません。

信じて今日も、いただきま~す!
(結局は食い気に落ち着くわけね)

http://www.366flower.net/2006/05/post_249.html
誕生花の辞典:5月30日の誕生花は「オリーブ」

啓子の俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

61 風景 退職の見慣れし学舎寒夕焼 啓子




ナデシコ・5月29日25℃晴れ~爽やかな朝b(^o^)d お! w(^▽^)w はぁ~!

う~ん、明るい6時20分。
春?眠暁を・・・

体重はかって、水飲んで、
いつものテレビ体操。。。

顔を洗って、コーヒーいれて・・・・

~******************~

ウン?8時30分
超超超すろーすたーと~


蒲団干したし、花にも水やり、

朝食にニンニク目玉焼きエリンギ玉ねぎ添え、人参サラダ、ヨーグルトミントブルーベリー、納豆チーズトースト唐辛子トッピング、コーヒーも・・・

俳句も3句作ったし、

上出来、上出来、
チョッと明るい
梅雨晴間
北風が爽やか~V(^-^)v♪

いい一日始めましょ!


多佳子忌 俳人・橋本多佳子の1963(昭和38)年の忌日。

白櫻忌,晶子忌 歌人・詩人の與謝野晶子の1942(昭和17)年の忌。 歿後に出された最後の歌集『白櫻集』に因み、「白櫻忌(白桜忌)」とも呼ばれる。

[旧暦  5月 6日]

5月29日の誕生花は「ナデシコ」

花言葉は「純愛」


「秋の七草」のひとつですが、
改良種も数多く、初夏から秋にかけて見ることができます。

女子サッカー日本代表の愛称でもおなじみ。

「大和撫子」は、
たおやかしとやか、でも凛とした日本女性の美しさを讃えた言葉。

せめて写真を見て、きれいだわぁ・・・と思うだけでも、
「やまとなでしこ」への一歩と、なるかな?


ナデシコ(撫子)の由来は、「撫でてかわいがりたい」と思わせる可憐さから、といわれます。

古くは万葉集にも詠み込まれ、清少納言も「枕草子」の中で「草の花はこの花よっ!」と書いているほどで、控えめでありながら、河原や草むらで確固たる存在感を放つ点が、日本人のフィーリングにピッタリだったんでしょうね。


その美しさから「家紋」の図案にもされており、数種あるのですが、どれも可愛いです~!
撫子



葉付き撫子



雪持ち地抜き撫子


ちょっとうらやましいぞ、って感じ。
http://www.otomiya.com/kamon/plant/nadeshiko.htm
家紋の湊
http://411483.com/kamonkensaku/cat_189/
家紋検索


「純愛」という花言葉にふさわしい、清楚な美しさです。
http://www.366flower.net/2006/05/post_247.html
誕生花の辞典:5月29日の誕生花は「ナデシコ」

風薫る5月。何が大切か考えながら歩んでいこう。ユックリゆっくり。ご機嫌よろしゅうに(*⌒ー⌒)にこっ♪

5月のひと言メッセージ~

風薫る5月。何が大切か考えながら歩んでいこう。ユックリゆっくり。ご機嫌よろしゅうに(*⌒ー⌒)にこっ♪

アマリリス・5月28日23℃湿度72%北風の朝~(*^〇^*)ノ”

涼しい石垣島。

(ノ^▽^)ノ~~~~『ご機嫌よう~』

端午の節句(旧暦)
旧暦の五月五日。菖蒲の節句とも言われる。新暦で祝われる地域が増えてきているが、旧暦日で祝う地域も多い。
業平忌
平安時代初期の歌人・在原業平の880(元慶4)年の忌日。
平城天皇の子の阿保親王の第5子で、在原姓を賜って臣籍に下った。
六歌仙・三十六歌仙の一人で、容姿端麗で情熱的な和歌の名手だったため『伊勢物語』の主人公とされる。
枕を共にした女性は若い娘から上は99歳まで、その数は3733人と伝えられ、
才女の小野小町も名を連ねています。

[旧暦  5月 5日]

5月28日の誕生花は「アマリリス」

花言葉は「誇り」


「調べはアマリリス~」の歌は、
音楽の授業で歌ったでしょうか?
「アマリリス」
岩佐東一郎作詞・ギース作曲

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

月の光
花園を あおく照らして
ああ 夢を見てる
花々の眠りよ

フランスみやげ
やさしい その音色(ねいろ)よ
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス
オルゴールの曲を聞いてくださいね
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/amaririsu.html

5月27日の北風~26℃湿度90%小雨。(*⌒∇⌒)ノおはよう~♪

旧暦5月4日はユッカヌヒハーリー

石垣市爬龍船(はりゅうせん)競漕大会
豊漁、海上での安全を祈願し、海神祭かいじんさい、すなわちハーリーが行われる。
石垣漁港で午前8時~
http://www.ocvb.or.jp/card/ja/0600000916.html

八重山ではこの他にも、石垣島白保(しらほ)、船越(ふなくやー)、小浜島細崎(くばざき)、西表島白浜、与那国島久部良(くぶら)で行事が行われる(同日程、ほぼ同時刻)。

天候もちょうどいい曇~晴れ。
ヽ(*゚▽゚)ノ~▽▼▽いい一日を[祝]▼▽▼~ヾ(゚▽゚*)ノ

[旧暦  5月 4日]

5月27日の誕生花は「シロツメクサ」

花言葉は「約束」


おなじみ、クローバーです。

四つ葉を探して、
気がついたら夕暮れだった・・・なんて経験お持ちの方、

結構いらっしゃるのでは?

マメ科。多年草。

ヨーロッパ原産。
日本には、江戸時代に、オランダ船の「われ物の詰め物」として渡来しました。
(ゆえに「ツメクサ(詰め草)」ですな)

旺盛な繁殖力で、その後全国に広まって野生化しています。

草丈は、20~30センチほど。
花期は、5~9月にかけて。一輪に見える花は、70ほどの蝶型の小花の集合体です。

おなじ仲間の「レンゲソウ」と同じつくりで、根に棲息する「根粒菌」の作用で土壌を肥沃にする役割を果たせる所や、良質のハチミツの原料になるところも似ています。

ラテン語で「三つ葉」という意味の学名をもち、古代ケルト人(アイルランド)のお守りとして特別な位置づけがされていたようです。
その後、キリスト教の「三位一体」の象徴とされて尊ばれ、「信仰・愛・希望」をあらわす、幸福のシンボルとされてきました。


http://www.366flower.net/2006/05/post_245.html
誕生花の辞典:5月27日の誕生花は「シロツメクサ」

たけこの俳画作品★第38回新春現代俳画展より☆

60 松過ぎ 松過ぎのひとりの昼や墨匂ふ たけこ




ワサビ・5月26日雨。。雷。。。♪6( ̄o ̄)∂オッ!!w( ̄0 ̄)wハー!!

[旧暦  5月 3日 ]

5月26日の誕生花は「ワサビ」

花言葉は「目覚め」


昨日に続いて、食べ物の花。

日本が世界に誇る「薬味」としておなじみです。
お刺身や蕎麦には欠かせません。

刺激とは対照的な、清楚な白い花です。

アブラナ科。多年草。
日本原産の水生植物。
学名もスバリ「ワサビア・ジャポニカ」!

山間部のわき水や沢など、冷たくてきれいな水のあるところで見られます。
草丈は、30~45センチほど。
花期は、3~5月にかけて、
ナズナやクレソンにも似た、白い花を咲かせます。

すり下ろして用いるのは、10~15センチくらいに成長した根茎の部分。


そのほか、茎や葉にも独特の風味があって、全草が薬味に利用され、花の咲いた花茎は葉と共に「花ワサビ」として、春の山菜としても珍重されています。


歴史は古く、奈良時代の文献には名前が登場(このころは食用にされていたかは不明)、鎌倉時代には禅寺で食用にされていたとも言われます。

栽培が広まって一般的になったのは、江戸時代。お寿司やおそばが広まっていったことに付随します。

現在は、長野県や静岡県の名産品として名高いほか、東京・多摩地区の特産品でもあります。なにげに「全国4位」の生産量ということで、「山あり海あり、なかなか広いぞ東京!」と思わせてくれるデータですな。

辛味成分には強い殺菌作用のほか、ガン細胞の増殖を抑えたり、血栓予防効果があるとの学術報告もあります。

最近では「活性酸素を除去し、若返り効果がある」と、TV番組で紹介されたようですね。

「毎日スプーン一杯(5g)のワサビを採るといい」らしいですが、無理矢理毎日食べなくてもいいかもしれませんな^^;

さて、おろして添えることが多いワサビですが、「ワサビおろし器」には、鮫の皮が貼ってあります。
なるべくきめ細かくおろすのが風味をひきたてるコツで、金属性のおろし器では、微妙に風味を損ねてしまうようなんですね。

きめ細かくおろした本ワサビは、口に入れた瞬間は、甘いんです。

で、その後に「お~、来た来たぁ!」という感じで、辛味がくる。

まさに、「目覚め」を喚起してくれる、さわやかな辛さであります!

http://www.366flower.net/2006/05/post_246.html
誕生花の辞典:5月26日の誕生花は「ワサビ」

雷か?飛行機の音か?やっぱり雷。。。|||||| ̄□ ̄)!

。(〇o〇
ギクゥゥゥゥ!!今朝は、このへんで~

プロフィール

kuusanfc2

Author:kuusanfc2
沖縄県の南端にある石垣島の小空(しょうくう)と申します。

俳画や墨彩画を描いています。
時には写真も撮ります。
美味しいものを食べるのは大好きです。

よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

心の風景さりげなく
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR